図書ログ

主に少女小説の感想置き場。


カテゴリー: くまの柚子 の記事一覧
※記事の新しい順に並んでいます。(↑新・古↓)


| |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『手塚先生の恋愛指南 恋に堕ちたら赤点です!』 日高砂羽

手塚先生の恋愛指南 恋に堕ちたら赤点です! (コバルト文庫)
2016/11/01
著者:日高砂羽
イラスト:くまの柚子
by ヨメレバ

大正ロマンな表紙と、正気じゃない感じのするあらすじに惹かれて購入。正気じゃない感じのハーレム小説(固定の相手あり)です。

主人公・環の通う私立桃園高等女学院、通称・桃女には、超イケメン教師軍団による口説きの授業「恋愛指南」があり、桃女の生徒はその「恋愛指南」の口説き文句をお断りしながら精神力を培う……というストーリーです。
ハーレムではなく、最初から最後までヒロインとヒーローの決まっている安心ラブコメ。
先生方の異常な熱量、同人誌に対する情熱など、異様な熱気に包まれていて面白かったです。
イケメン先生からの口説きのオンパレードなのに、ギャグにしか見えなくて全然ときめかない…!笑

桃女には環が幼少の頃からお兄さまと慕っている手塚先生が勤務しており、心を鬼にして手塚先生の恋愛指南もお断りするわけですが、言葉の端々から手塚先生も環のことを憎からず思っているのが伝わってくるので安心して読めました。
安心して読めるんですが、ここでも変な下ネタを突っ込んでくるので特にときめかずで……?(*^_^*)
先生が代わる代わるエスコートしてくれるラストの「補修」授業は圧巻でした。

コバルトでこういうネタ小説も楽しいなと思う1冊でした。
ギャグにしか見えないのでキャラクターにあまりときめかなかったな……、という所がまた思い返してじわじわきます…。
残念なイケメンというカテゴリーかもしれない。
スポンサーサイト

『忠犬侍女の愛しの王子様』 (ルルル文庫) 宇津田晴

忠犬侍女の愛しの王子様 (ルルル文庫)忠犬侍女の愛しの王子様 (ルルル文庫)
(2014/10/24)
著者:宇津田晴
イラスト:くまの柚子

amazon

城を離れ、医者を営む第2王子・ファラールの侍女リーリアは、昔命を助けてくれた主人を心から尊敬し、仕えている。病弱な第3王子の治療のため、ファラールの助手として共にお城に滞在することとなり……

ご主人様に忠誠を誓うワンコヒロインと、優しいご主人様の甘々小説。紫の薔薇の表紙がとてもキレイ~。
ツンデレで心配性の兄王子と、良い意味で計算高い(実は長兄大好き)弟王子がすごく可愛くて、なにより最後まで良い人で良かったです。
弟王子・ホネストが腹黒い悪役ではなく、実は王国想いの良い子だったので、ファラールの数々の腹黒い仕打ちが読んでいてさすがにかわいそうになってしまい、大変申し訳ないのですが、ヒーローがあまり好きになれず……残念でした。
でもファラールは別に私に好かれなくても、リーリアの絶対的な愛情があれば良いので、別に良いでしょう。( ˘ω˘)
リーリアの真っ直ぐな愛は見ていて面白かったですが、延々惚気を聞かされるホネストがかわいそうで以下略。
エピローグは感動してちょっと泣いてしまいました。
ちょっと私はホネストに感情移入しすぎですね。でも長兄のグロリオッソが一番好きです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。