図書ログ

主に少女小説の感想置き場。


カテゴリー: エッセイ の記事一覧
※記事の新しい順に並んでいます。(↑新・古↓)


| |

『嘘つきアーニャの真っ赤な真実』 米原万里

嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)
2004/06/25
著者:米原万里
by ヨメレバ

【あらすじ】共産主義派の父親の仕事の関係で、9~14歳までをチェコのソビエト学校で過ごしたマリ。ロシア語通訳として活躍する30年後、当時の同級生を探して東欧に向かうが……エッセイ小説。

まだソ連を盟主に東側国家が社会主義だった頃の1960年代、共産主義派の父親の仕事の関係で、9~14歳までをチェコのソビエト学校で過ごした筆者マリさんのエッセイ。日本へ帰り、ロシア語通訳として活躍していた30年後、当時の同級生を探して東欧に向かうエッセイ集です。テレビの企画だったのかな。
香穂さんの年間ベストから手に取ってみました。

この中欧・東欧諸国というのが馴染みが薄く、私にはちょっと難しかったです。地図やwikiを見ながら読みました。でも馴染みが無いから新鮮で面白かった~。
西洋より東側にある、チェコやルーマニア、ユーゴスラビアなど、冷戦時代はロシアと共に社会主義の東側陣営と呼ばれていた諸国が舞台です。作中で美男の産地と言われていたユーゴスラビア国は現在にはもう無いみたい。

日本でいうところの小学校高学年~中学2年生までを、父親の仕事でチェコにあるソビエト学校に通っていた筆者・マリ。
当時は英語と同じくらい、第2外国語としてロシア語を習う所も多かったようです。
大人になってソ連が崩壊し、当時ソビエト学校時代に仲の良かった同級生のことが気にかかり、チェコ周辺まで会いに行くというストーリーです。
30年後の再会シーンを見ると、面白く書かれていた小学校は超エリート学校で、同級生は実は要人の娘だったりしたことが分かります。英語も喋れない私には……登場人物の頭が良すぎてとてもまぶしい……。みんな3か国語以上喋ってる……。

ヤースナやリッツァの潔さが好きだけど、アーニャや、アーニャに同志と呼ばれて怒る大人たちを見ていると、何故、社会主義が縮小していったのかが何となく分かる気がして印象的でした。
それとは別に、例えば休日に宿題は出さない、だとか、才能はみんなの宝であり妬み引きずりおろすものでないことなど、日本の価値観とは違って魅力的なところもたくさんあって面白かったです。
個人的には、「牛乳の生産で追いつけ追い越そうな」の軽快なフレーズが頭から離れなくなって困りましたw

『乙女なげやり』 三浦しをん

乙女なげやり乙女なげやり
(2004/06)
著者:三浦しをん

hontoamazon

直木賞作家であり腐女子でもある小説家・三浦しをんさんのエッセイ集。

しをんさんのエッセイははじめて読みます。
評判どおりの面白さで、後半にかけてどんどん面白くなっていくので飽きません。
会社で昼休みに読んでいたので、笑いがこらえきれずにマスクを着けて読みました。
(少女小説もニヤニヤしちゃうので、カバーを取ってマスクを着けて読んでいる)

『アラベスク』読書会の話と、外国人が作った日本物の映画の話は、笑いすぎて本当に辛かった。
「外国人が作った日本モノの映画で、唐突に虚無僧が歩いてくる」とか、そういうのホント反則です。ぜえぜえ。『アラベスク』のミロノフ先生も、少女小説好きとしては笑いの予感…ときめきの予感がします。
そして弟くん。しをん先生には厳しいのに、ジロウくんには甘すぎですw

本文中に、しをん先生は「本をいつも片手で読んでいる」って出てくるんですけど、
挑戦してみましたが私は読めませんでした。どうやって読んでいるんだろう~。