図書ログ

主に少女小説の感想置き場。

『手塚先生の恋愛指南 恋に堕ちたら赤点です!』 日高砂羽

手塚先生の恋愛指南 恋に堕ちたら赤点です! (コバルト文庫)
2016/11/01
著者:日高砂羽
イラスト:くまの柚子
by ヨメレバ

大正ロマンな表紙と、正気じゃない感じのするあらすじに惹かれて購入。正気じゃない感じのハーレム小説(固定の相手あり)です。

主人公・環の通う私立桃園高等女学院、通称・桃女には、超イケメン教師軍団による口説きの授業「恋愛指南」があり、桃女の生徒はその「恋愛指南」の口説き文句をお断りしながら精神力を培う……というストーリーです。
ハーレムではなく、最初から最後までヒロインとヒーローの決まっている安心ラブコメ。
先生方の異常な熱量、同人誌に対する情熱など、異様な熱気に包まれていて面白かったです。
イケメン先生からの口説きのオンパレードなのに、ギャグにしか見えなくて全然ときめかない…!笑

桃女には環が幼少の頃からお兄さまと慕っている手塚先生が勤務しており、心を鬼にして手塚先生の恋愛指南もお断りするわけですが、言葉の端々から手塚先生も環のことを憎からず思っているのが伝わってくるので安心して読めました。
安心して読めるんですが、ここでも変な下ネタを突っ込んでくるので特にときめかずで……?(*^_^*)
先生が代わる代わるエスコートしてくれるラストの「補修」授業は圧巻でした。

コバルトでこういうネタ小説も楽しいなと思う1冊でした。
ギャグにしか見えないのでキャラクターにあまりときめかなかったな……、という所がまた思い返してじわじわきます…。
残念なイケメンというカテゴリーかもしれない。

『巡る世界の黙示録 少女戦隊ドリーム5』 小椋春歌

巡る世界の黙示録 少女戦隊ドリーム5 (ビーズログ文庫)巡る世界の黙示録 少女戦隊ドリーム5 (ビーズログ文庫)
(2014/02/15)
著者:小椋春歌
イラスト:明咲トウル

amazonKindle

【あらすじ】ネコ耳をつけたイケメン・タマに脅され、ドリームピンクに変身し戦うことになってしまった要。魔王の家(寺)から逃げた仏像を魔王と共に追うことになり……

全然ドリーム5じゃなかった。すごい面白かったー!

ドリームピンク(2人いる)と魔王(お坊さん)とネコ(イケメン)で、寺から逃げた仏像を追うという凄い設定のストーリー。
最初は無理やり感ただよっていたこの設定が、流れるようにキレイに進んでいって、最後は皆で協力して敵を倒すという展開に胸が熱くなります。
熱血ギャグなんですが、ちゃんと少女小説ですごかった。
全てを力技で解決していくヒロインがすがすがしくて、私も要ちゃんに引っ張っていってもらいたい…なんて思いながら読みました。

個人的には光明のお母さんが大好きです。
ヒロインに若干足りてないラブ要素を一身に担ってくれている感じがして…w
「嫁!」と書かれた紙を渡してくるシーンすごい笑いました。

このクオリティで続けるのは大変かもしれないけど、5人揃わなくても良いから続いて欲しいなーなんて思います。読んで良かった。
あれ……もしかして、ピンク2人・光明・タマ・恵翔の5人でドリーム5だった……?

『身代わり伯爵の花嫁修業Ⅲ 禁断の恋の手記』 清家未森

身代わり伯爵の花嫁修業  III 禁断の恋の手記 (角川ビーンズ文庫)身代わり伯爵の花嫁修業 III 禁断の恋の手記 (角川ビーンズ文庫)
(2011/01/29)
著者:清家未森
イラスト:ねぎしきょうこ

amazonKindle版

婚約式を控えたミレーユは太后様から最後の試験として、巷で流行している「恋の手記」の作者を探しなさいと命じられるが……第14巻。

大笑いしたいときや、元気を出したい時に読むシリーズ。
とはいえ、読書メーターを見たら前巻を読んだのは2年前でした…(^o^;)
かなり久しぶりだったので、シアラン編のキャラはかなり忘れてしまっていましたが(ジェラルド様なんてすっかり変わられてしまって……涙)、砂を吐きそうな甘々シーンや爆笑シーンの連続で、やっぱりこのシリーズ好きだわ~と思いました。
特に、屋根の上での筋肉体操からの一連のシーンは笑いすぎてヤバかったです。

今回は「禁断の恋の手記」の作者を探す、という内容なのですが、このシリーズには「禁断の恋の手記」を書きそうなキャラがいっぱいいるので、どの人物も最初から怪しくて大変でしたw
そして新キャラのフィデリオ君。
あやしいなーこの人やだなーと思いながら読んでいたら、まさかのホモ落ち。
あらら~キリルの誤解が解けたと思ったら。
今度はどこまでエスカレートしてしまうのか(?)楽しみです。

『俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している』 春日部タケル

俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している (角川スニーカー文庫)俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している (角川スニーカー文庫)(2012/01/31)
著者:春日部 タケル
イラスト:ユキヲ

hontoamazonKindle版

甘草奏には「絶対選択肢」という呪いがかかっている。
呪いのせいで奇行を繰り返し、学園中から白い目で見られる生活を送っていたが、
呪いを解くためにやって来たという美少女ショコラが空から落ちてきて…という第1巻。


雪平ちゃんかわいい。

雪平ちゃんと主人公のやりとりは毎回声を出して笑っちゃいましたが、
延々と続くギャグの羅列はちょっと自分には合わなかったかな。。
「リンチされている豚の声マネ」が延々と続くシーンなんかはちょっとキツかった。
男の人はこういうネタの方が好きなのかな~と思いつつ読みました。

挿絵効果もあって、女の子はみんな可愛くてとても良いです。
雪平ちゃんかわいい。

1巻では主人公はかなり絶望的な呪いをかけられていますが、
彼を助けるためにやって来た美少女と、
呪いを解くためにミッションをクリアしていく…
という設定は、今後が楽しみな感じがしますがどうでしょうか。