図書ログ

主に少女小説の感想置き場。

『雪侯爵の銀灯師 みせかけ夫婦と王宮の庭』 白川紺子

雪侯爵の銀灯師 みせかけ夫婦と王宮の庭 (コバルト文庫)
2016/09/30
著者:白川紺子
イラスト:紫真衣
by ヨメレバ
【あらすじ】銀灯師として幼い頃よりヴィクトル侯爵に仕えるエミーリア。ある日、国王の命令で結婚をしなければならなくなったヴィクトルは、エミーリアを妻に指名し、結婚をしたふりをすることになるが、エミーリアにはヴィクトルと結婚できない理由があり……

シリーズ2巻なんですが、話が繋がっていないということと、評判がとても良かったので1巻よりも先に2巻を読んでしまいました。

幼い頃から仕えるヴィクトル侯爵と、偽装を結婚をすることになった銀灯師のエミーリアだったが、結婚報告に訪れた王宮で力が暴走し、事件を起こしてしまう。王宮の庭を壊してしまい、魔界の門を開けてしまったエミーリアとヴィクトルが、門を護っていた魔術師の魂を探すことになり……というストーリーです。

ヴィクトルのことが好きなのに結婚できない理由のあるエミーリアと、理由を知っているけれど一緒にいるために知らないふりをしているヴィクトルの両片想いがじれったくてとても良かったです。
何より、エミーリアが迷いを断ち切るシーンの、諦める痛みと、飲み込んで自分のしたいようにする痛みと、周囲や良心から謗られる痛みについてのモノローグにとても共感しました。
月光を紡ぐ描写もキレイでお気に入り。

ラストに短編2本が収録されていて、その2本もとても良かったです。
本編でアロイスの魂はどうなるんだろうと思っていたので、「おやすみわたしの魔術師さん」には泣きました。

国王とリラも身分差を越えてサラッと結婚していたけど、この2人にもじれったいストーリーがあるのかも。。リラがなかなか強そうな感じで好きです。

『レイデ夫妻のなれそめ』 山咲黒

レイデ夫妻のなれそめ (ビーズログ文庫)
(2015/6/15)
著者:山咲黒
イラスト:アオイ冬子

amazonKindle版

【あらすじ】冒険好きでお転婆な自分をひた隠しにし、理想の夫婦を演じているリナレーア。ある日、夫に内緒で寄稿しているスラム街の新聞社を尋ねた所、王宮で仕事をしているはずの夫が女性と歩いているのを見かけてしまい……第1巻。

理想の夫婦を演じている夫婦が、うっかりお互いの本性と職業を知ってしまい、愛を深めていく恋愛小説です。
豹変ヒーローや俺様ヒーロー、あと粘着質なヒーローが好きな方には特におすすめです。(つまり私のことです)

以下ネタバレありの感想です。

お互いの本性を隠して理想の夫婦を演じるリナレーアとザイラスのお話。
冒険好きでお転婆なレナリーアは、魔物に対してちょっとずれていて(普通に会話したりする)可愛いし、しかもどんなピンチに陥ってもめげないたくましさが面白かったです。
実は粗暴で魔物使いでリナレーアにベタ惚れのザイラスは、すごく口が悪くて、そしてすごく強くて、リナレーアにベタ惚れでときめきました。(オマケの短編が、何だか懐かしの俺様系webSSの香りがしましたよね…^^)
魔物を狩る側でなくて、魔物を保護する職業というのも新鮮でした。
なんといっても執事のマーティンの変身後の姿が爆笑でした。

大切な妹の結婚を認めたあたりからして、兄のヴァルターや王様のヘンリックもザイラスのことが可愛くて幸せになってほしいんだろうな~と思うとほっこりします。

『幽霊王子の理想的な姫君 落ちてる幽霊は俺の嫁』 (一迅社文庫アイリス) 佐槻奏多

幽霊王子の理想的な姫君 落ちてる幽霊は俺の嫁 (一迅社文庫アイリス)
(2015/3/20)
著者:佐槻 奏多
イラスト:サマミヤ アカザ

amazonKindle


【あらすじ】霊体の状態で目覚めたアリスティアは、幽霊しか愛せない王子ジークに拾われていて……

表紙買い。仮死状態になってしまったヒロイン・アリスティアと、幽霊しか愛せない王子ジークが
お互いに惹かれあいつつケンカしつつ、アリスティアの死の真相に迫っていくストーリーです。
幽霊しか愛せないヒーローのジークが、生きている状態のアリスティアに対してわりと酷いことを言うので悲しい気持ちになるのですが、だんだん生身のアリスティアに惹かれていく描写や、アリスティアがジークの気持ちへの理解を深めていく描写が丁寧に書かれていて良かったです^^
アドリアンに取り付いている猫のオバケが可愛いw
先代たちと一緒に戦うシーンがお気に入りです。

『金藍の守護者 あなたがわたしの聖王さま』 香月沙耶

金藍の守護者 ~あなたがわたしの聖王さま~ (ビーズログ文庫)金藍の守護者 ~あなたがわたしの聖王さま~ (ビーズログ文庫)
(2014/05/15)
著者:香月沙耶
イラスト:アオイ冬子

amazonKindle版

【あらすじ】魔物に襲われたルシアの弟を助けた後、聖王イザークは瘴気を体内に溜め込めなくなってしまった。ジークリヒター達が新しい聖王候補を探しに行く中、魔王がイザークを迎えに来て……最終巻。

ワンコ女騎士ルシアと聖王イザークのファンタジー小説最終巻。
外出中に読もうと思って表紙のカバーを外したままカバーを無くしてしまったのでとても後悔しています;;;素敵な表紙だったのに~~;;
最近「お守りします!」系女子の小説にハマっているので、とても好みのシリーズでした。

最終巻もルシアはとっても可愛いし、イザークも欲しかったものを手に入れられて、幸せそうでとても良かったです。
ラストで吸い寄せられるようにルシアからキスするシーンが大好きすぎる~~。ずっとすっとぼけていたルシアから…ついに…!ゴロゴロ。
いつも可愛かったスメラギにも、家族のような仲間ができて良かった。
魔王との決着はちょっと雑でしたが(と言いつつ泣きながら読んでいた…笑)、そのあたりは雑で構わないので、イザークとルシアがずっと一緒にいられるラストで本当に良かったです。

←2巻感想/完結

『おこぼれ姫と円卓の騎士 提督の商談』 石田リンネ

おこぼれ姫と円卓の騎士 提督の商談 (ビーズログ文庫)おこぼれ姫と円卓の騎士 提督の商談 (ビーズログ文庫)
(2014/06/13)
著者:石田リンネ
イラスト:起家一子

amazonKindle

レティは自分にふさわしい「夫」の候補として、ナパニアの第6王子・ソレスに目を付けていた。しかし「お見合い」中の船の上で、ソレス王子に薬物売買の容疑がかかってしまい……第9巻。

異国の美人弁護士として逆転裁判をするレティが楽しい第9巻。
この巻は、ドラマCD付きの特装版を手に入れられなかったのが未だにショックです。
やっぱり少女小説の限定版は予約しないと駄目ですね。orz

小説の方は今回もすごく面白かったです。
もう、ソレス提督がカッコよくって。。(∩*´ω`*∩)
起家さんの挿絵も眼福すぎます…かっこいい…。
読んでいる私たちの方が雰囲気に流されて、もうレティとソレスが結婚しても良いかな…と思いながら読んでしまうカッコよさでした。
でも今回も一番カッコいいのはもちろんレティでした。
ソレスの無罪を証明するため、女王自ら法廷に立つ姿が本当にかっこいい!デュークはそんな風に人のために頑張るレティのことを「可愛い」って思っているのも良いですよね。
今回はストーリーが全体的に陽気な感じですごく楽しかったです。この陽気さはナパニアの国の雰囲気なのでしょうか。
ナパニアにはまたお忍びして頂きたいなぁ。

←8巻感想9巻感想→

『おこぼれ姫と円卓の騎士 伯爵の切札』 石田リンネ

おこぼれ姫と円卓の騎士 伯爵の切札 (ビーズログ文庫)おこぼれ姫と円卓の騎士 伯爵の切札 (ビーズログ文庫)
(2014/01/14)
石田リンネ

amazonKindle版

新しく2人の騎士の獲得に動き出したレティ。騎士候補の2人から「アイリーチェという少女を助け出して出してくれたらあなたの騎士になる」と言われ……第8巻。

ちょっと最後の、誰もそんなこと望んでないわよお/(^o^)\
と思ったけど、これがきっかけで2人の恋が走り出すと信じて…(BGM:福山雅治)

ラブ面は相変わらず次巻以降までおあずけですが、今回は騎士が2人増えました。
別々な立場の2人から同じ依頼をうける展開が面白かったです。
有利な立場で駆け引きしようとしつつも、未来の騎士のお願いを命がけで叶えようとする所がレティらしくて好きです。
マリアンネとレティの関係を怪しむ周囲や、メイドのレティにドキドキするデューク。ウィラードの1日に4回の偶然など、小ネタがたくさんでどれも面白すぎました。
メイドレティと人形レティの挿絵かわいいなぁ。
これはマリアンネやデュークじゃなくてもドキドキする。

円卓の騎士も残すところ4人。
でも今の7人ですでに最強のメンバーに見えるw
残り2人はお兄ちゃん2人が来ると良いナァと思いつつ…無理だよねと思いつつ…。
続きも楽しみなシリーズです。

←7巻感想9巻感想→

『音狩り魔女の綺想曲』 (ルルル文庫) 斉藤百伽

音狩り魔女の綺想曲 (ルルル文庫)音狩り魔女の綺想曲 (ルルル文庫)
(2013/12/26)
著者:斉藤百伽
イラスト:風都ノリ

amazonKindle版

王国を追われた魔女の一族のリュリは、「音狩り」の魔法の小箱を売り、街で生計を立てていた。ある日の行商帰りに、音楽マニアの王子・ユトにさらわれ「嫁になれ」と言われ……

風都ノリさんのイラスト買い。
音楽オタク王子×ツンデレ魔女という設定が楽しかったです。
設定は結構重たいながらも、コメディなので陰謀面や人間関係はかなりあっさりしています。
というか設定上あるはずの恋の障害がほとんど無いものになってる(笑)。
風都ノリさんのステキなイラストも雰囲気にあっていて、2人のやりとりやラブを楽しめました。お幸せに。

『金藍の守護者 聖王さまを取り戻せ!』 香月沙耶

金藍の守護者 ~聖王さまを取り戻せ!~ (ビーズログ文庫)金藍の守護者 ~聖王さまを取り戻せ!~ (ビーズログ文庫)
(2014/01/14)
著者:香月沙耶
イラスト:アオイ冬子

amazonKindle版

聖地で「赤い霧」による被害が起こっている。カルファヴィーラに秘密で調査を進める聖王とジークリヒター達だったが、赤い霧の中で何度もスメラギの姿が目撃されて……第2巻。

聖王様に忠誠を誓うワンコ女騎士の第2巻。
1巻ですでにほんのり恋心を自覚気味の聖王様と、超体育会系の美少女…という組み合わせが気に入ったので2巻の発売をすごく楽しみにしていました!
……しかし、楽しみにしすぎていて読むのを我慢できなくて、時間が無い中無理やり読んでしまい、物語をじっくり堪能できず残念でした。orz(パソコンの立ち上げ中とかデータの保存中とかレンジでチンしている間とかに途切れ途切れ急いで読んでいた…)

オカマのヨロズちゃんが良い味を出していたのでまた出てきて欲しいです。
無口だけど誠実で優しいスメラギ君は本当に反則的に可愛いですw
あと聖王さまには清らかな聖なる存在でいてほしかったけど、聖王様の力にも何やら問題がありそうで…。今後の2人の進展も含めて楽しみです。

←1巻感想3巻感想→

『俺が主人公じゃなかった頃の話をする part1』 二階堂紘嗣

俺が主人公じゃなかった頃の話をする (MF文庫J)俺が主人公じゃなかった頃の話をする (MF文庫J)
(2013/06/22)
著者:二階堂紘嗣
イラスト:館川まこ

hontoamazonKindle版

普通の高校生・三柴直道の下駄箱に、ある朝1通の手紙が入っていた。ラブレター(?)の呼び出しに応じ第2図書室に行くが、そこで直道を待ち受けていた者は女子高生……ではなく≪泥棒猫の爪痕≫と呼ばれる魔術師だった……第1巻。

半年前の事件を取り巻く真相をめぐるお話で、記憶喪失の主人公相手に3人のヒロインがそれぞれ違う真相を語ってきます。果たして本当の真相は……というストーリー。

ドMの麻乃さんも魅力的ですが、やっぱり幼なじみだよね!幼なじみだよねー!ということで、ありすの諸説を信じたい所存です。
ありすと直道の、お互いがお互いの一番の味方、っていう関係性がすごく好きです。
というかありすの話が真実じゃなかったら、もう誰も信じられないw
メタ世界で全て本当の話…っていうのもあるかもしれないけれど、もしそうだとしても、私はありすのいる世界へ行きたいかなぁ。

絵師さん目当てで購入したので、丁寧でとても可愛い挿絵に満足です。

『金藍の守護者 わたしの愛しい聖王さま』 香月沙耶

金藍の守護者 ~わたしの愛しい聖王さま~ (ビーズログ文庫)金藍の守護者 ~わたしの愛しい聖王さま~ (ビーズログ文庫)
(2013/09/14)
著者:香月沙耶
イラスト:アオイ冬子

hontoamazonKindle版

幼い頃に聖王(シーリーン)の力に助けられたルシアは、オルストン国の代表として聖王を護るカルファヴィーラとなって聖王のもとへやって来た。しかし聖王・イザークから「女はいらない」と言われてしまい……

これはすごく好みのお話&登場人物でした!
何度もヒーロー・イザークから「女はいらない」「女は帰れ」と言われても諦めないヒロイン・ルシアと、口は悪いけど本当はお人よしでルシアを心配しているイザークがすごく可愛くて……。
他国の2人の守護者であるカイン君&スメラギ君がルシアを温かく味方してくれたのも良かったです。
特にスメラギ君はかわいすぎて和みました。
4人とも文句なしに強いので、かっこいいし安心して面白く読めました。

しかも、ヒロインが一途に主であるイザークを追いかけまわす展開になるかと思いきや、鈍感なヒロインにほんのり恋心を抱いてしまったイザークが悩ましく思う展開になるとは…!
そういう展開が大好物なのですごく続きが楽しみです。

最近こういう女の子が男の人を「お守りします!(キリッ)」みたいな作品を好きになる傾向があるような…私…。

2巻感想→

『おこぼれ姫と円卓の騎士 皇帝の誕生』 石田リンネ

おこぼれ姫と円卓の騎士 皇帝の誕生 (ビーズログ文庫)おこぼれ姫と円卓の騎士 皇帝の誕生 (ビーズログ文庫)
(2013/09/14)
著者:石田リンネ
イラスト:起家一子

amazonKindle版

失踪していた第4皇子アルトールに捕らえられてしまったレティ。アルトールはどうやらレティの「騎士王」の秘密を知っているようで……第7巻。

とらわれのレティ救出のために頑張るデュークが活躍する第7巻。
アナスタシアやワレリー、騎士王の軍曹の想いに泣きました。
…いえ、もちろん終盤までは軍曹の口の悪さに怒りながら読んでいましたが。

レティと接してどんどん成長していったアナスタシア、まさか最後は<皇帝>にまでなってしまうとは。
今回はレティの騎士は増えなかったけれど、レティの騎士となったノーザルツ公国、<アナスタシア>のキルフ帝国、ヴィクトルのイルストラ国との関係は今後どうなっていくのか楽しみです。
でもアナスタシアとはお別れっぽい最後だったし、3国編は今回で終わりなのかな…寂しい…。

そしてデューク。今回すごく頑張ったのに最後の最後でポロッと…!!!
レティの寝たふり→デュークの独り言の展開は「やっと来た!!」って感じでわくわくしたんですが、その後のレティの反応が……レティらしい反応なのですが、あ、あら~裏切りと思うなんてヒドイw
レティ、それは裏切りではなく愛情です…。
でもこの感じだとレティの自覚も早そうだし、待ちに待った恋愛方面が動き出したので続きがすごく楽しみです。

←6巻感想8巻感想→

『紺碧の騎士団 約束の剣と海の虹』 秋月志緒

紺碧の騎士団 -約束の剣と海の虹- (ビーズログ文庫)紺碧の騎士団 -約束の剣と海の虹- (ビーズログ文庫)
(2013/07/13)
著者:秋月志緒
イラスト:硝音あや

amazon

第2皇子レオの護衛としてバディオリ島に出発したリリア。しかし、リリアと婚約するつもりのレオに牢屋に閉じ込められてしまって……第3巻(完結)。

第2皇子の思惑、従騎士リリアとアズーリの処遇、そしてついに弟くんも登場する完結巻。
終わってしまうのは寂しいのですが、私はこの最終巻や完結1歩前というのが大好きです。
なぜなら押し寄せるようなラブが読めるからなんですが……
この『紺碧の騎士団』最終巻も、それはもう…甘ーーーー!!!!!(ゴロゴロ)
2巻までは「おバカップル」だった2人も、今や立派なバカップルに……(失礼)。
隊長、普段は厳しいのに好きな子は甘やかすタイプとか、そういうのホント反則です。
あと巻末にさらに甘々な短編が書き下ろされているのも嬉しかったです。甘かった…!

レオの更正のシーンやリリアの交渉シーンがカッコよかったし、アズーリも大活躍で、楽しい最終巻でした。

←2巻感想/-

『おこぼれ姫と円卓の騎士 君主の責任』 石田リンネ

おこぼれ姫と円卓の騎士 君主の責任 (ビーズログ文庫)おこぼれ姫と円卓の騎士 君主の責任 (ビーズログ文庫)
(2013/05/15)
著者:石田リンネ
イラスト:起家一子

amazonKindle版

不審な招待状をもらい、キルフ国へ赴いたレティとノーザルツ公。
キルフ帝国では第一皇子ミハイルが出迎えてくれたものの、現皇帝や第4皇子、将軍など多数の人物が消息不明になっていて……第6巻。

毎回言っている気がしますが、今回も面白かったー!
仮面王女のアナスタシア、不協和音演奏会、ノーザルツ公のもろもろがとても可愛かったです。
特に不協和音演奏会は、起家さんのマジメな挿絵がまた笑いを誘いますね…。
マリア様がみてる状態のアナスタシア姫の恋慕もとても可愛らしく、次巻で幸せになってほしいな~と思いました。
アナスタシア姫の唯一の味方のはずの第4皇子も何となく怪しい雰囲気で…かわいそう…。
それにしても羽の生えたレティの絵には笑いました。

ラストは衝撃の遺言の内容が明らかになり、第4皇子の正体も含めて次巻がとても楽しみです。
もちろんラブ面も毎回期待しているんですが、この牛歩ラブっぷりでは……。
もうラブに関しては次次次次巻あたりに期待します。(?)

←5巻感想7巻感想→

『おこぼれ姫と円卓の騎士 皇子の決意』 石田リンネ

おこぼれ姫と円卓の騎士 皇子の決意 (ビーズログ文庫)おこぼれ姫と円卓の騎士 皇子の決意 (ビーズログ文庫)
(2013/01/15)
著者:石田リンネ
イラスト:起家一子

hontoamazonkindle版

ソルヴェール国の女王・レティーツィアの元に、約束も無しに東の大国・凌皇国のお姫様が渡来した。従者1人のみを連れて花嫁衣裳でやって来たお姫様・シェランの目的とは……? 第5巻。

デュークの恋愛相談からはじまる第5巻。
やっとkindleに入った、待ってた~。今回も面白かった~!
とはいえレティがまだ全然崩れないので、今後レティが恋を自覚してからが楽しみ。
むしろ今回は恋愛の自覚どころが、「王」としての自覚がメインテーマでしたが。
王の間の会話のシーンが大好きです。
アレクサンデルはレティのお父さんみたいな感じがします。レティがその大きな背中を追いかけているような…。

円卓の騎士の選抜については、今まで4巻かけてじっくり信頼関係が書かれて来たので、今回の4人目はちょっとイキナリ…というか駆け足な印象。
でも今のペースだと全員揃うのに大変な冊数になってしまいますもんね。
あんなに苦労してやっと騎士になったアスリッドがかわいそうな気もしますが、シェランの肩書きはすごく魅力的。
シェランが凌皇国の君主となり、レティと肩を並べる日が楽しみです。

部屋に本が増えるのを防ぐために次巻もkindleに入るのを待とうと思っていたのですが、「6巻はノーザルツ公がヒロイン」というコメントを見かけたので、待ちきれずに文庫で買ってしまいました(^^;

←4巻感想6巻感想→

『恋と悪魔と黙示録 身代わり王女と百年の虚無』(一迅社文庫アイリス) 糸森環

恋と悪魔と黙示録 身代わり王女と百年の虚無 (一迅社文庫アイリス)恋と悪魔と黙示録 身代わり王女と百年の虚無 (一迅社文庫アイリス)
(2013/05/18)
著者:糸森環
イラスト:榊空也

amazonhonto

魔女裁判にかけられカイナール教会から逃げ出した森玄使・レジナは、朔使になることを目指し、雪に閉ざされた国ユピルスへ神魔アガル・朔使ヴィネトと共に向かうが……第2巻。

祝シリーズ2巻。またこの純情可憐なケモノに会えて嬉しいです。

しかしこの3人に旅をさせてはいけないw
「ちょ、ちょっとイチャついてる場合じゃないでしょ!」と何度も思いながら、ニヤニヤと読みました。そしてラストは甘ーーー!!!

ユピルス国の真相は全然予想していなかったのでビックリしました。
読んでいて、目の前で国が崩れて行く光景が浮かぶようでした。悲しいけど少し幻想的で…。
面白かったー、名もなき悪魔のシーンはちょっと泣いてしまいました。
勇敢なティアティ国の王子様、何度もヒヤッとさせられましたがカッコよかったです。

←1巻感想/-