図書ログ

主に少女小説の感想置き場。


カテゴリー: ロシア の記事一覧
※記事の新しい順に並んでいます。(↑新・古↓)


| |

『嘘つきアーニャの真っ赤な真実』 米原万里

嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)
2004/06/25
著者:米原万里
by ヨメレバ

【あらすじ】共産主義派の父親の仕事の関係で、9~14歳までをチェコのソビエト学校で過ごしたマリ。ロシア語通訳として活躍する30年後、当時の同級生を探して東欧に向かうが……エッセイ小説。

まだソ連を盟主に東側国家が社会主義だった頃の1960年代、共産主義派の父親の仕事の関係で、9~14歳までをチェコのソビエト学校で過ごした筆者マリさんのエッセイ。日本へ帰り、ロシア語通訳として活躍していた30年後、当時の同級生を探して東欧に向かうエッセイ集です。テレビの企画だったのかな。
香穂さんの年間ベストから手に取ってみました。

この中欧・東欧諸国というのが馴染みが薄く、私にはちょっと難しかったです。地図やwikiを見ながら読みました。でも馴染みが無いから新鮮で面白かった~。
西洋より東側にある、チェコやルーマニア、ユーゴスラビアなど、冷戦時代はロシアと共に社会主義の東側陣営と呼ばれていた諸国が舞台です。作中で美男の産地と言われていたユーゴスラビア国は現在にはもう無いみたい。

日本でいうところの小学校高学年~中学2年生までを、父親の仕事でチェコにあるソビエト学校に通っていた筆者・マリ。
当時は英語と同じくらい、第2外国語としてロシア語を習う所も多かったようです。
大人になってソ連が崩壊し、当時ソビエト学校時代に仲の良かった同級生のことが気にかかり、チェコ周辺まで会いに行くというストーリーです。
30年後の再会シーンを見ると、面白く書かれていた小学校は超エリート学校で、同級生は実は要人の娘だったりしたことが分かります。英語も喋れない私には……登場人物の頭が良すぎてとてもまぶしい……。みんな3か国語以上喋ってる……。

ヤースナやリッツァの潔さが好きだけど、アーニャや、アーニャに同志と呼ばれて怒る大人たちを見ていると、何故、社会主義が縮小していったのかが何となく分かる気がして印象的でした。
それとは別に、例えば休日に宿題は出さない、だとか、才能はみんなの宝であり妬み引きずりおろすものでないことなど、日本の価値観とは違って魅力的なところもたくさんあって面白かったです。
個人的には、「牛乳の生産で追いつけ追い越そうな」の軽快なフレーズが頭から離れなくなって困りましたw

『夜の虹 灰色の幽霊』 毛利志生子

夜の虹 灰色の幽霊 (コバルト文庫)夜の虹 灰色の幽霊 (コバルト文庫)
(2010/07/01)
著者:毛利志生子
イラスト:増田メグミ

hontoamazon

男爵令嬢オリガは、エルツベルガー男爵に招かれ、犬の肖像画を描く依頼を受けた。
しかしある朝エルツベルガー男爵は惨殺されており、ユダヤ人のヤコフが逮捕されて……
帝政ロシアンミステリー2巻。

全然気付かなかった……本当に挿絵が無い(笑)。

コバルト文庫の帝政ロシア小説。これ好き!お気に入りです。
主人公が少し不思議な力を持つものの、かなりしっかりしたロシアンミステリーです。
父にそっくりなサイコパスの叔父&友達になれそうな女キャラが出てきてワクワクした所で……続きは出てないんですね(。ŏ﹏ŏ)

婚約者までいるものの、ロマンスは相変わらず薄め。
オリガのガードが固いせいか、ロマンスに関しては薄ら寒さすら感じますw
本文も犬が重要なストーリーでしたが、大型犬系男子良いなぁ~。ロジオン、可愛いのにカッコいいとか反則です。あ、ちなみに私はロジオン派です。
サブタイトルの「灰色の幽霊」もワイマラナーという猟犬のことだそう。

そして何より続きを……お父さんの真相もそうだけど、ロジオンのデレをください……(まだアーサーと婚約してるとか一体…)
やっぱりラブが薄いのが敗因なんですかね……
レオニードとかめっちゃアピールしてると思うんですけど(魚送ってきたり)、やっぱりダメですかね……

『カラマーゾフの妹』 高野史緒

カラマーゾフの妹カラマーゾフの妹
(2012/08/02)
高野 史緒

hontoamazonKindle版

父親が殺され、兄が逮捕された「カラマーゾフ事件」から13年。
モスクワ支局の特別捜査官となった次男のイワン・カラマーゾフは、13年前の兄の無罪を証明するために故郷のスコトプリゴニエフスクに帰省したが……

「カラマーゾフ事件」から13年後の1887年ロシアを舞台に、次男イワン・カラマーゾフを主人公として『カラマーゾフの兄弟』の続編をミステリー仕立てに構想した高野史緒さんの小説。

個人的にはこれはアリでした。
ドストエフスキー御大が亡くなっている以上、こうやって二次創作を楽しめるのはとても嬉しいです。

イワンの多重人格設定や、真犯人の連続殺人事件などは、これも個人的にはアリでした。
だってカラマーゾフの原作読んだ時、イワンやミーチャばっかり目立ってて「アリョーシャは僧服を脱いでイケメンになっただけだったな…」って思ったんだもん…。
でもこの作者さんはイワンが好きなのかな?
『カラマーゾフの兄弟』を読んで、イワンの危うい魅力に惹かれて救いたくなる気持ちも分かるけど、イワンだけ救われてアリョーシャがとんでもない結末を迎えるラストはさすがに悲しかったです…。うう。
こんなにポコポコ殺されたら、アリョーシャ好きな人が怒る気持ちも分かります(笑)。

タイトルにもなっている「妹」は、わりと引っ張ったあげくにあまり重要ではなかったような。
『悪霊』で撲殺されたリーザや『二重人格』のゴリャートキンなどなどが同一空間上で語られていたりして、ニヤリとしました。

カラマーゾフを知らない人が楽しめるかというと微妙だけど、筆者による「カラマーゾフ事件とは何か」という章は、原作を読むよりよっぽど分かりやすいです。