図書ログ

主に少女小説の感想置き場。

『オーダーは探偵に』 8・9巻 近江泉美

 

【あらすじ】学生の間で流れ始めた、「あたまのよくなる薬」を追いかける悠貴と聖。どうやら2人が仲違いすることになった3年前の未解決事件と関わりが深いようで……

バイトの女子大生・美久と高校生探偵・悠貴の喫茶店ライトミステリー。
8、9巻は、死人も犯人もいるいつもとはちょっと違ったミステリーの前後編でした。現在進行形の事件を追いながら、悠貴と聖の過去の事件が明かされていくという構成で、とても面白かったです。

常に聖の方が真相に一歩リードしている感じで、特に美久を助けに来たシーンなんかはあまりにもカッコよくて、あやうく聖派に寝返りそうでした。
でもラストの悠貴との膝枕のシーンが甘くて可愛くて、すぐに悠貴派に出戻りました。
そうだよね、悠貴くんだって美久ちゃんを助けに行きたかったよね。うんうん。それに事件の真相を解明したの悠貴くんだったしね。うんうん。悠貴くんはもう自覚ありなのかな~かわいい。
あと今まで私は3年前の事件のせいで聖と悠貴の仲が悪くなったのかと思ったのですが、過去編を読んだら出会った当初からもともと犬猿の仲で笑ってしまいました。(≒ツンデレ)

「頭の良くなる薬」なんて如何にもその筋の怖そうなバックが居そうな薬で、2人が捕まった時はどんな恐ろしい目に合うのかハラしていましたが、個人の善意の犯罪だったというオチも、シリーズ的にちょうど良かった気がします。
柿園先生が生きていたら、副作用の無いところまで薬を完成することが出来たのかなあ。出来るわけないか。
3巻の登場人物が重要な役として絡んでくるのですが、その辺りはぼんやりとした数年前の記憶で読了。

これでやっと悠貴くんと聖くんも前に進めるかな、と思ったら最後に怪しい電話が……。
個人的には悠貴くんは一度好きになったら一途な子だと信じてるので、(あと稀早ちゃんへの恋心はもともと自覚していなかったっぽく感じます)稀早ちゃんは生きていても、亡くなってしまっていてもどっちでも良いんですけど、これからの展開も楽しみです。
そう、悠貴くん、信じているから……。

←7巻の感想[オーダーは探偵に]感想一覧/-

『オーダーは探偵に 謎解きだらけのテーマパーク』 近江泉美

オーダーは探偵に 謎解きだらけのテーマパーク (メディアワークス文庫)
2016/04/23
著者:近江泉美
イラスト:おかざきおか
by ヨメレバ

【あらすじ】犯行予告があって混乱しているテーマパーク・ドリームキングダムの事件を解決して欲しいと翠子から頼まれた悠貴と美久。翠子のために、美久は1日デート券を使って、悠貴に一緒にドリームキングダムに行ってもらうことにするが……第7巻。

高校生探偵と女子大生の喫茶店ミステリー7巻。
楽しみにしているシリーズです。面白かったー。
今回の舞台はテーマパーク。
悠貴、デートに向いてないw

犯行予告の真犯人は意外な人物で、そして純愛な顛末でビックリしました。というか私はいまだに翠子と聖を全然信用していないので、翠子の自演だと思って読んでいたわけです。ホホホ(^^;
翠子も聖も楽しいキャラなので、つい信用しそうになるのですが、私の中ではまだ、映画だと良い奴になるジャイアンみたいなイメージなので……:;(∩´﹏`∩);:
信用できなさとは別に、聖は魅力的で好きなキャラクターなので、今後、悠貴と聖の過去がほどけていくのを楽しみにしています。
最後に悠貴に一歩踏み込んだ、美久の決意がとても良かった~。次巻も楽しみ。

←6巻の感想[オーダーは探偵に]感想一覧8巻の感想→

『空と鏡界の守護者2』 小椋春歌

空と鏡界の守護者 2 (ビーズログ文庫)
2016/01/15
著者:小椋春歌
イラスト:ホームラン・拳
by ヨメレバ

【あらすじ】リトが辞退した”精霊祭”の旗手に選ばれたエリル。そしてリトからの手紙を読んだ兄・リカルドが学園にやって来て……第2巻。

2巻楽しみにしていました。今回もリトは可愛いなぁ~(´▽`*)
モーレツなだけじゃなくて、周りがリトの成長を見守り、本人も色々考えながら成長していっているのが良いですね。冒頭の朝の暴走がめっちゃ可愛いw そして魔法は強くても物理は弱いのも可愛い。いや物理的な強さはターニアやハイヤーン先生のがおかしいだけだから…応援してる…。

設定テンコ盛りで続きがとても気になるんですけど、個人的にはユークの目的とか正体が一番気になります!
作中で「良い時代」とか「すごい時代」とかいう言葉で表現されていますが、もはや「良い時代」とかそういう和やかなレベルじゃないほどの設定大盛り。
ターニアやハイヤーン先生のエリルへの過保護も気になりますし、その原因であるような、精霊王からエリルが何を話して何をもらってどうなって帰ってくるのか気になりすぎるので続きが待ち遠しいです。

あと作中で皆と同じように私も「さすがにノエルは犯人じゃないだろ~ッ(*^_^*)」って思っていたら普通にノエルが犯人だった…笑。

←1巻感想/-

『犯罪共鳴 壊兎2 兎の信奉者』 北山大詩

犯罪共鳴 壊兎 (2) (富士見L文庫)
2015/03/13
著者:北山大詩
イラスト:清原紘
by ヨメレバ

【あらすじ】突然に理性を失くしカッターやナイフを振り回す殺傷事件が街を騒がせていた。ある街での騒動をきっかけに、更紗は犯人から目を付けられてしまい……第2巻。

唐突に2巻で完結と聞いていて読むのを躊躇していたんですが、読んだらやっぱりとても面白かったです。すごく好きな小説だったのに残念すぎます。

特に2巻は主役2人のラブ度も上がってとても良かったです。
願わくば、海斗がアキ姉の呪縛から開放されて更紗を選んで歩んでいく所まで見たかった。残念です。

伏線回収についてですが、アキ姉と海斗の決別シーンは1巻のプロローグに、海斗と陸斗の父親殺しのシーンは2巻のプロローグにありますね。
アキ姉が現在どうしているかも、一応今回の犯人の動画から分かりましたし、更紗のトラウマとなった3年前の事件についても、今回真相が分かりました。
タナトスについては2巻のラストで、タナトスが女性として日常に入り込んでいる可能性が示唆されたので、あまり喋らない花の香りのする怪しい女性がいないか1~2巻を読み返して見ましたが、見つからず。
氷雨に薬の入った紅茶を飲ませた雪穂が怪しいと思いましたが、榊と恋仲なのでさすがにそれはないかな。2人ともフォロワーズで、氷雨を見張っている役なのかも。

ここまで伏線が回収してあれば、あと1冊あればタナトスとの決着がつけられそうな感じだったので本当に残念でした。私の周りではすごく評判良いのにな~(T-T)。
こういう主役2人が事件に巻き込まれるうちに恋愛関係になっていくミステリーを、また読みたいです。

←1巻の感想

『オーダーは探偵に 謎解きは舶来のスイーツと』 近江泉美

オーダーは探偵に 謎解きは舶来のスイーツと (メディアワークス文庫)
2015/09/24
著者:近江泉美
イラスト:おかざきおか
by ヨメレバ

【あらすじ】喫茶店「エメラルド」にイギリスの交換留学生ダニエルがやって来て……第6巻。

ダニエルは国に帰って、どうぞ。

は~~~~ダニエル腹立つ~~~!!!!!(本音)
ダニエルにもすごく重要な事情があるのかもしれないけど、美久が許しても私と悠貴が許さないわ!(;`皿´)
ダニエルなんか美久に惚れる呪いにかかってしまえ…(キ▼_▼)

開幕3行ダニエルへの呪いからはじまってしまった。ダニエル好きな方はごめんなさいね。
今回は喫茶店「エメラルド」に交換留学生のダニエルという男の子がホームステイするお話で、このダニエルと言う少年が、聖とは別な意味で美久を攻撃してきます。
聖ももしかしたら美久のこと馬鹿にして利用しているだけかもしれないけど、でもダニエルみたいに金銭詐欺までするのは人としてドン引きです。
逆に悠貴くんは最近美久に対してやさしく可愛くなってきていて、風邪をひいた悠貴くんと美久ちゃん最高だったし、騙された美久を傷付けないように守る悠貴くんはホント王子様だった。ダニエルなんていらなかった。
今度は悠貴の家庭の事情が出てくるようで、聖のことも含めて続きが楽しみです。

←5巻の感想[オーダーは探偵に]シリーズ感想一覧/-

『オーダーは探偵に』4・5巻 近江泉美

オーダーは探偵に 謎解き満ちるティーパーティー (メディアワークス文庫)
2014/06/25
著者:近江泉美
イラスト:おかざきおか
by ヨメレバ

【あらすじ】悠貴から呼び出され、慧星学園の制服を着て潜入した美久。悠貴の代わりに「エメラルドの探偵」として、学園祭の脅迫事件を解決することになり……第4巻。

内舘くん推せる。

高校生探偵と女子大生の喫茶店日常ミステリー第4巻。
1~2巻は日常系ミステリーでしたが、3巻以降は大掛かりな事件が起こるようになって面白くなってきました。
今回は悠貴が生徒会副会長をつとめる高校の学園祭を舞台に事件が起こるストーリーです。
面白かった~!
学園編ということで外野も多くて恋愛的なイベントもいつもより多めでニヤニヤしました。
悠貴くんの壁ドンもときめいたし、さわやかな体育会系年下少年・内舘くんも捨てがたい…。
エピソードは、化学室の机に食べ物の絵が描いてあった、須藤くんと志穂ちゃんのエピソードが好きです。
ピアノが原因で仲違いしていた七里兄妹のエピソードもぐっと来ました。最後に仲良くなれてて良かった。
1つ1つのミステリーはほっこり出来るトリックでしたが、それに比べて最後の犯人が最低すぎてw 面白かったです。


オーダーは探偵に 季節限定、秘密ほのめくビターな謎解き (メディアワークス文庫)
2015/03/25
著者:近江泉美
イラスト:おかざきおか
by ヨメレバ

【あらすじ】悠貴と美久が不在の喫茶店エメラルドに依頼人が現れる。スズと名乗る少年と、俳優の藤村健作、そして藤村の子供だと名乗る栄子。探偵が帰ってくるまで、3人が喫茶店を手伝ってくれることになり……第5巻。

高校生探偵と女子大生の喫茶店ミステリー第5巻。
前半は悠貴不在の喫茶店「エメラルド」に聖が入り込む展開でハラハラしましたが、それは序の口で、聖に振り回されっぱなしの1冊でした。
聖の目的が分からず、ページをめくりながら、ザラリとした不安を感じながら読みました。
美久と一緒に「聖が一番あぶない」「信用できない」と思いながら、最後にはなんとなく信用したくなってしまう、不思議な魅力のキャラクターですね。
でもそろそろ悠貴がかわいそうになってきたので、早く解決すると良いですねw

話の中では「ハニートースト」の藤村さんがパパからダディに変わる瞬間がカッコよかったです。
あ、でも、追っ手に追われた美久を悠貴が助けに来るシーンが一番カッコよかったです♡(笑)

←3巻の感想[オーダーは探偵に]シリーズ感想一覧6巻の感想→

『オーダーは探偵に グラスにたゆたう琥珀色の謎解き』 近江泉美

オーダーは探偵に グラスにたゆたう琥珀色の謎解き (メディアワークス文庫)
2013/11/22
著者:近江泉美
イラスト:おかざきおか
by ヨメレバ

【あらすじ】暴走系女子大生・美久とドS高校生探偵・悠貴、喫茶店の優しい店長・真紘による喫茶店ライトミステリー第3巻。

暴走女子大生とドS高校生探偵の喫茶店ミステリー3巻です。
実はこのシリーズは2巻で読むのやめていたのですが、「3巻からが面白い」と聞いてまた読み始めました。
相変わらず表紙が毎回素晴らしい~;;
1~2巻までは美久の就活編、3巻からは悠貴の過去編になるようで、ストーリーも恋愛も動き出して面白かったです。
あ、あれ、暴走女子大生の美久が、く、空気を読んでいる!?ような。

「ハーブティー」では花いっぱいの庭に残された想いに泣いてしまいましたが、最後に「えっ!?新しい恋人と歩き出すんじゃないの!?」と面食らいw

美久が大ピンチになる「アイリッシュ・コーヒー」の逃走劇・誘拐ゲームはハラハラしながら読みました。
とりあえずセイが犯罪者じゃなくて良かった~。
セイと美久の逃走劇が面白かったので、なんとなく憎めないキャラなんですよね。
個人的にはセイ→美久←悠貴の三角関係になって欲しいけれど、悠貴はまっぴらごめんだろうなw

←2巻の感想[オーダーは探偵に]シリーズ感想一覧4巻の感想→

『空と鏡界の守護者』 小椋春歌

空と鏡界の守護者 (ビーズログ文庫)
2015/09/14
著者:小椋春歌
イラスト:ホームラン・拳
by ヨメレバ

【あらすじ】パンディア国立連術士学園に通うエリルは、今まで誰とも<連禱>が出来ず何の魔法を使っても弱い落ちこぼれ生徒だった。しかしとある事件をきっかけに、学園随一の天才下級生リトに懐かれてしまい……

わああ超面白かったです! 超お気に入り。
学園一の落ちこぼれ生徒エリルが、とある事件をきっかけに学園随一の天才下級生に愛され攻撃にあうというストーリーなんですが、この天才下級生リトが、一途でワンコで狂気じみてて愛が暴走する所がとても可愛く、とっても魅力的なヒーローでした。
落ちこぼれヒロインを熱烈に崇拝しているのも、読んでるこっちまで胸がキュンとします。(最後の方に明かされる理由がまた良い)
<氷の王子様>も小椋先生の手にかかるとこんなにも暑苦しく…!!笑

特に最後のリトの演説シーンは、最初は恥ずかしくて読み飛ばしかけていたのですが、病み付きになる恥ずかしさで、今では最後の演説のシーンだけ何度も何度も読み返していますw

馬鹿にされ、いじめられるヒロインを愛する周りのキャラクター、ターニアやハイヤーン先生もすごく良かったです。
ユークの(そこまでの友情ーー!?)のツッコミは爆笑しました。

以下ネタバレなので文字を反転。

学園のみんなから馬鹿にされていたエリルと、天才と言われ尊敬されていたリトがお互いとしか組めないという設定が、もう本当に熱くて萌えすぎました…これは凄い設定ですよ…萌える…。
お互い出会えて本当によかったねぇぇとほっこりしました。

演説の最後での「だから、エリル先輩がすごい力を持っていること、そして、俺が嘘つきで天才じゃないということだけ皆に知ってもらいたかったんです」のセリフが、リトの誠実で真面目で一途な性格が良く伝わるセリフで大好きです…。


挿絵のホームラン・拳先生は初見でしたが、ワンコっぽいトロンとした絵柄がとても合っていて素敵でした。
ヒロインのむっちりトロンとした感じが可愛いです^^

2巻の感想→

『犯罪共鳴 壊兎 タナトス症候群』 北山大詩

犯罪共鳴 壊兎 タナトス症候群(シンドローム) (富士見L文庫)犯罪共鳴 壊兎 タナトス症候群(シンドローム) (富士見L文庫)
(2014/08/09)
著者:北山大詩
イラスト:清原紘

amazonKindle

【あらすじ】高校に赴任する前日、学校の生徒である海斗を家の前で拾い、同じアパートで暮らすことになった更紗。海斗と出会った事で更紗は、女子高生連続誘拐殺人事件や連続放火事件に巻き込まれることになり……

みかこさんの感想を読んで購入しました。
すごく面白かったです!
これを読んでいて、私は主人公コンビに恋愛要素のあるミステリーが好きなんだと気付きました。
幼馴染も大好きなので、さわやかで頼りがいのある兼嗣も応援したいのですが、それ以上にヤンデレや二重人格男子に弱いので、海斗にときめいてしまいます笑。
女教師と男子生徒という設定もおいしいです。

誘拐殺人犯・ハニーポッターと放火魔・チャッカマン、そして黒幕のお兄さんと対峙するストーリーが面白くて一気に読みました。
海斗の心の傷も深そうで、今後も色々暴走しそうなところもありますが(闇落ち待ったなし)、ヒロイン更紗の心の闇もまだ深そうな気がします。
この2人が徐々に心から信頼し合うようになり、身代わりを卒業して仲良くなっていく過程を想像するだけでわくわくしてしまいます。

2巻の感想→