図書ログ

主に少女小説の感想置き場。

『宝石商リチャード氏の謎鑑定 天使のアクアマリン』 辻村七子

宝石商リチャード氏の謎鑑定 天使のアクアマリン (集英社オレンジ文庫)
2016/11/18
著作:辻村 七子
イラスト:雪広うたこ
by ヨメレバ

謎の多い宝石商リチャードと、リチャードの宝石店でバイトをする大学生・正義の宝石にまつわる短編集で、密かに今1番楽しみにしているブロマンスのシリーズです。
そろそろ主役2人がブロマンスの域を越えていきそうな気もする第3巻。(越えてほしい)

リチャードの過去を知る男の登場や、谷本さんの婚約などの事件があり、谷本さんとの恋やリチャードとの関係などが動き出しましたが、ワクワクというよりヒヤヒヤ…という感じです。
リチャードは思ったより単純で好意はだだ漏れみたいだし、谷本さんは思ったより難しい思考を持っているみたい。

リチャードの過去がわかったのは嬉しいけど、こんな風に他人から秘密をバラされるような形になってしまって複雑です。゚( ゚´д`゚ )゚。
でもこれは2人の愛のために必要な試練だから……(?)、正義によってリチャードが救われる日がくると信じて続きを待ちます。゚( ゚´д`゚ )゚。
母親の公認も得たことだし、正義には絶対がんばってほしい…TT

でもいくら正義でもどこにいるか分からないリチャードを外国まで追いかけて行くことは出来ないだろうな~と思っていたら、4巻の予告で外国に飛んでいて笑いました。とっても楽しみです。
リチャードの「プリンス」っていうのはどこまでのプリンスなんだろう。師匠も出てくるのか気になります。
とにかくリチャードは早く戻っておいで~~。゚( ゚´д`゚ )゚。

短編集なのに短編の感想が全くないんですけれども、ラストのショックで私はすべてを忘れた……。

『宝石商リチャード氏の謎鑑定』 辻村七子

宝石商リチャード氏の謎鑑定 (集英社オレンジ文庫)
2015/12/17
著者:辻村七子
イラスト:雪広うたこ
by ヨメレバ

【あらすじ】道で酔っ払いにいじめられていたイギリス人リチャードを助けた正義。日本で宝石商を営んでいると言うリチャードに、祖母のかたみの指輪の鑑定を依頼するが……

デビュー作『螺旋時空のラビリンス』で私たちを感動の渦に席巻した辻村先生の2作目は、ややBL風な宝石にまつわるライトミステリーでした。
年末年始にかけて私の中でこのリチャード氏が大ブレイクを起こしていました…。

BL小説ではないのですが、表紙の男2人の関係が思った以上に萌えてニヤニヤしながら読みました。
リチャードの褒め言葉に弱いところとか、ヤキモチ焼きなところが可愛いんですよねぇ。
しかも冒頭で颯爽と自分を助けてくれた正義に恋に落ちてしまったのかと思うと……うっ…可愛い;;;リチャード氏チョロすぎでは;;;;と私の中の腐女子が萌え転がっていました。

正しいか正しくないかだけでは測れない色々な事情を持った依頼人の話がメインで、どれも後味の良い話で面白かったです。
石マニアのゴルゴ谷本さんも良い味だしてました。
しかし正義に恋の相談をされた時のリチャードの反応が毎回かわいそうすぎるので、谷本さんにはいつまでも正義とリチャードの恋を見守って欲しいです。
あ、でも、石マニアの谷本さんとリチャードの会話も見てみたい気もします。

ロイヤルミルクティーと言えば学生の頃、友人のアパートに遊びに行った時に、作中に出てくるような、お鍋で煮込むミルクティーをよく淹れてくれたのを思い出しました。
あのお鍋で煮込むタイプのミルクティーを、ロイヤルミルクティーと言うんですね。やはり友人も紅茶に対するこだわりを語っていたような気がするんですが、すっかり忘れていました。
ロイヤルミルクティー過激派って言い方が可愛いです。
とても好みの小説だったので、続編が読めると良いなぁと思います。

『僕の第六天魔王』 金沢有倖

僕の第六天魔王 (コバルト文庫)
2015/05/01
著者:金沢 有倖
イラスト:松本テマリ
by ヨメレバ

【あらすじ】普通の男子高生・蘭は、修学旅行中に突然織田信長が守護霊として現れた。蘭と信長は、前世で親密な関係だったというが…

なんとなく男性コンビものの、ホモっぽい小説を読みたい気分だったので、あらすじ買いです。(そういう気分の時もあります)
戦国時代の人物が幽霊になっていたり、転生していたりするストーリーで、表紙の織田信長の霊のイケメンに男子高校生がつきまとわれる話。
蘭の正体はちょっと無理やりだったかな~と思います。
もしくは思わせぶりなホモの小姓の話を挟まずに、最初から正体を言ってくれた方が萌えたかも。
自分が周囲からホモに見えると微塵も思わずに、信長が熱烈に求愛する設定だけでもかなりおいしいです(^p^)モグモグ それに信長に熱烈に愛されて困惑する蘭がかわいいので、早く根負けして欲しいですね。

以下ネタバレありの感想です。

前世が女だった主人公の蘭は、今後委員長と信長に言い寄られることになると思うんですけど、最終的に現世で女性の委員長じゃなくて男性の信長を選ぶ運命になるんだと思うと、この三角関係はかなり美味しいです(^p^)モグモグ
でも観念して信長とラブラブ(?)になる蘭はちょっと見てみたい気がします。

『あやつり王妃の花嫁道 偽装生活は貴人のたしなみ』 雨川恵

あやつり王妃の花嫁道 偽装生活は貴人のたしなみ (一迅社文庫アイリス)
(2015/6/19)
著者:雨川恵
イラスト:キリシマソウ

amazonKindle版

【あらすじ】身よりなく旅芸人の一座に所属して生きていた少年ニールは、ある日「髪と瞳の色が同じだから」という理由でさらわれ、大公女の身代わりとしてアーセルン国のライオール王に「花嫁」として嫁ぐことになり……

雨川恵先生の女装少年もの!ということで狂おしいほどに楽しみにしていました。
雨川先生のアイリス文庫作品なので、てっきりどこかに恋愛要素があると思っていたのですが、読み始めてしばらくしてから、この作品にヒロインがいないことに気付きましたw
むしろ女装少年のニールがヒロインか?というくらい可愛かったです。
ちなみにBLではないです。

恋愛要素が無いながらも、しっかりとした宮廷陰謀もので面白かったです!
「女装じゃなければいけなかった理由」も最後にちゃんと作中で明かされていましたし笑。

おじいちゃんネタに弱い私は、グアド氏がどう見てもライへの愛情がだだ漏れで号泣でした。
(いや、グアドはおじさんくらいの年齢だと思うんですけどw)
ライはちょっと屈折して受け止めていますけど、これはどう見てもグアド氏はライを目に入れても痛くないと思っていると思うので、う、ううグアドこんなに嫌われてうわああああん。ってなりました…。
面白かったです。恋愛がないので難しいかもしれませんが、もう1冊くらいこの2人の話を読みたいです。

『貴族ヴァルトシュタインの不機嫌な友人 ブラッディ・メヌエット』 加藤千穂美

貴族ヴァルトシュタインの不機嫌な友人 -ブラッディ・メヌエット- (ビーズログ文庫)貴族ヴァルトシュタインの不機嫌な友人 -ブラッディ・メヌエット- (ビーズログ文庫)
(2014/11/15)
著者:加藤千穂美
イラスト:文月路亜

amazonKindle
【あらすじ】ワケあって身分を隠して暮らす貴族・ジークは、とある貴族のサロンで起こった殺人事件の容疑者・ベートーヴェンの保証人として、事件の犯人を捜すことになるが……

18世紀ドイツを舞台に、天才音楽少年ベートーヴェンとわけあり貴族少年ヴァルトシュタインの友情を描く少女小説です。(BLではない)

少年のコンビものが読みたかったので読みました。
18世紀ドイツという舞台は私にとっては新鮮でしたし、設定が面白く、主役2人の友情も可愛いので楽しく読みました。使用人の告白はちょっと泣きました。
有名な音楽家・ベートーヴェンご本人として描かれているフィクションですが、読んでいたらすんなり愛着がわきました。かわいい。。。
黒の騎士やその依頼人とのあれこれが気になるので、無事にシリーズが続くといいなぁ。
ネタバレ反転:とりあえずルイが黒の騎士じゃなくて良かったー。

『臨床犯罪学者・火村英生の推理Ⅲ ダリの繭』 有栖川有栖

臨床犯罪学者・火村英生の推理 III  ダリの繭(上) (角川ビーンズ文庫) 臨床犯罪学者・火村英生の推理 III  ダリの繭(下) (角川ビーンズ文庫)臨床犯罪学者・火村英生の推理 III ダリの繭(上)
(2013/05/31)
臨床犯罪学者・火村英生の推理 III ダリの繭(下)
(2013/06/29)

著者:有栖川有栖
イラスト:麻々原絵里依

大手ジュエリー会社の社長・堂条秀一が殺された。容疑者は財産を相続する2人の弟と、社長と三角関係だった若い男女が浮かび上がり……ビーンズ文庫復刊シリーズ第3作。

豪華な宝石やサルバドール・ダリの人生で彩られた個々人の孤独な世界観がとても好きです。
私もなんといいますか、自分の繭を愛する人間なので、この世界観は悲しくも共感できることが多すぎる小説でした。

次々に出てくる新事実を、探偵役の火村先生と助手のアリスがひとつひとつ足で辿って行く構成で、犯人は誰なのか続きが気になって、下巻の最後のページを先に見てしまいたい衝動と戦いながら読みました。

小ネタとしては、エサをあげ忘れたカナリアがずっと心配でしたとか。
フロートカプセルに浮かんでみたい…とか。
占い師のシーンや女装のシーンでは「えっ…何このシーンは???」と思ったり。
噂の夫婦ごっこが可愛い、とかそういう感想です。

ヒゲを剃った堂条社長が、1人の女性を熱望したただの男に戻った姿だと思うと切なすぎます。
ラストの章は涙が止まりませんでした。
私の中では「大好きな本」カテゴリに入るくらいの本なんですが、どうしても堂条社長に感情移入しすぎて社長がかわいそうで、納得いかなくてううう(;_;)
本当は鷺尾優子に「実は社長の方が好きだった」と言って終わって欲しかった…。
でもラストのジェット機と長池さんと鷺尾さんのシーンが美しくて印象的です。

←2巻感想[作家アリス]シリーズ感想一覧/-

『政と源』 三浦しをん

政と源政と源
(2013/08/26)
著者:三浦しをん
イラスト:円陣闇丸

amazonKindle版

雑誌コバルトにて連載されていた「幼なじみのじじいコンビ」のお話。
妻がいなくなり、70年間、病める時も健やかなる時も一緒に過ごしてきた国政と源二郎が主人公。
現代が舞台ながらも、昭和の香りを感じられる小説でした。

2人の友情も良かったけれど、奥さんとの空気感にも切なくなったりほっこりしたり。
娘の家を訪問したシーンはいたたまれな過ぎて辛かったですが。昔からああいうシーンが読めない;;
親友と自分を比べてクヨクヨしちゃう国政の気持ちにも共感しちゃったり。
そんな国政の再生の予感を感じさせるラストもすごく良かったです。
まほろ駅前もそうでしたが、しをさんは不器用な男性の再生の物語が本当に上手。
私の中の母性本能と腐女子心がくすぐられてしまいます(?)。

その他の感想としては、若い頃の2人の挿絵がとってもカッコよくてうっとりしました。
若い頃の2人の回想も良かったです。源二郎と花枝さんのロマンス素敵だったぁ~。
ジュリーファンなので、213ページで少しジュリーネタ(カサブランカダンディー)があって嬉しかったです。

『まほろ駅前狂騒曲』 三浦しをん

まほろ駅前狂騒曲まほろ駅前狂騒曲
(2013/10/30)
著者:三浦しをん
イラスト:下村富美

hontoamazon

便利屋を営む多田の元へ、居候・行天の元妻・凪子から1ヵ月半の間、行天の娘でもある「はる」を預かって欲しいという依頼が来た。何とか行天を説得し、多田と行天とはるの3人での生活がはじまったが……第3巻。

続編、4年待っていました!
面白かった~~!!!まほろ駅前シリーズ本当に大好きです。

帯の「いつもの奴らがなぜか集結ーー?」を見た時点で既に楽しみだったんですが、帯にいつわり無しでめちゃくちゃ面白かったです。
最後の南口ロータリーでのデモのシーンなんて、声を出して笑い転げました。

岡さん及び近所の老人たちの暴走、まさかの多田の恋愛、行天の過去などなど……面白かったところ、見所、感想がたくさんあって書ききれませんが、笑いを混ぜながらも多田と行天の再生を書ききって下さり本当に感謝しかありません。
ラストで、きっと行天は多田の所に帰ってくると信じて読んでいましたが、まさか<アサコさん>の家に隠れていたのはビックリしました^^;

もう私は行天が愛おしくて愛おしくて……できれば私が多田の身体を乗っ取って、行天に「何人もの人間がお前に救われたのを知っている。お前を信頼しているし、人間としてとても愛している」って伝えたいくらいです。(ホモじゃないよ人間としてだよ)

三浦さんが言っていた通り、まほろ駅前はこれで完結なのでしょうか。
また最初のようなノリの短編集で「番外地2」が出て欲しいです。
まほろの町と多田便利軒が大好きでした。素敵なシリーズをありがとうございました。

『バチカン奇跡調査官 黒の学院』 藤木稟

バチカン奇跡調査官  黒の学院 (角川ホラー文庫)バチカン奇跡調査官 黒の学院 (角川ホラー文庫)
(2010/12/25)
藤木 稟

hontoamazonKindle版

バチカンの『奇跡調査官』に所属している、日本人神父・平賀と相棒のロベルト。
処女妊娠の調査ために訪れた修道院学校で、連続殺人が発生し……。


神父コンビが、魔法に見立てられた事件を科学的に調査していくというお話。

オカルト・耽美・天然な日本人神父と、美少年いっぱいのカソリック学校。
当然のように登場するホモ神父。
個人的には好きなキャラと雰囲気の作品でした。バチカン行ってみたい~。

最後は読んでるこっちも「おいおいおい!?」という方向へ向かって行ってしまった。
まだヨハネス学長が犯人だった方が良かったかもしれない(^^;)。

マリオが教会で鞭打たれていたシーンとか、見立てで殺されていった連続殺人の理由とか、
気になる部分が明かされていないような……読み飛ばしちゃっただけ?
「お前はただのサイコパスだ!」っていう、もしやあれが理由……??
面白かったけど、色々中途半端なまま真犯人が死んで終わってしまったイメージ。