図書ログ

主に少女小説の感想置き場。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『雪侯爵の銀灯師 みせかけ夫婦と王宮の庭』 白川紺子

雪侯爵の銀灯師 みせかけ夫婦と王宮の庭 (コバルト文庫)
2016/09/30
著者:白川紺子
イラスト:紫真衣
by ヨメレバ
【あらすじ】銀灯師として幼い頃よりヴィクトル侯爵に仕えるエミーリア。ある日、国王の命令で結婚をしなければならなくなったヴィクトルは、エミーリアを妻に指名し、結婚をしたふりをすることになるが、エミーリアにはヴィクトルと結婚できない理由があり……

シリーズ2巻なんですが、話が繋がっていないということと、評判がとても良かったので1巻よりも先に2巻を読んでしまいました。

幼い頃から仕えるヴィクトル侯爵と、偽装を結婚をすることになった銀灯師のエミーリアだったが、結婚報告に訪れた王宮で力が暴走し、事件を起こしてしまう。王宮の庭を壊してしまい、魔界の門を開けてしまったエミーリアとヴィクトルが、門を護っていた魔術師の魂を探すことになり……というストーリーです。

ヴィクトルのことが好きなのに結婚できない理由のあるエミーリアと、理由を知っているけれど一緒にいるために知らないふりをしているヴィクトルの両片想いがじれったくてとても良かったです。
何より、エミーリアが迷いを断ち切るシーンの、諦める痛みと、飲み込んで自分のしたいようにする痛みと、周囲や良心から謗られる痛みについてのモノローグにとても共感しました。
月光を紡ぐ描写もキレイでお気に入り。

ラストに短編2本が収録されていて、その2本もとても良かったです。
本編でアロイスの魂はどうなるんだろうと思っていたので、「おやすみわたしの魔術師さん」には泣きました。

国王とリラも身分差を越えてサラッと結婚していたけど、この2人にもじれったいストーリーがあるのかも。。リラがなかなか強そうな感じで好きです。
スポンサーサイト

『棘公爵の花嫁 賭けをしましょう、旦那様』 白川紺子

棘公爵の花嫁 賭けをしましょう、旦那様 (コバルト文庫 し 17-8)
2015/07/01
著者:白川紺子
イラスト:香魚子
by ヨメレバ

【あらすじ】父が罠にはまり、没落した貴族の娘・ジゼル。いよいよ屋敷を出る時にバートラムが現れ、「ジゼルの父と賭けをした際の約束を果たす」と言って、ジゼルを妻として迎えに来て……

10歳年上のクーデレな夫がとても良かった…。

タイトルの「賭けをしましょう」にあるように、妻のジゼルが夫のバートラムに何度か賭けを持ち掛けます。その時のジゼルの打算的なしたたかが、私はムムム…ちょっと…と思いながら読んだのですが、バートラムがそんな子供だましで自分を騙そうとする妻のことを、子供っぽいなと思いつつ、大人の余裕で寛容する所が年の差カップルっぽくて良かったです。私は大人気ないな(笑)。
前半の2人の攻防も可愛らしくてニヤニヤしましたが、後半の両想いになってからの2人がとても甘くてさらにニヤニヤしました。
バートラム様、後半には別人のようですが、そこが良い^~~。

両想いになってからの残りのページ数が少なすぎて、復興成功するか不安でしたが、無事に復興も叶って良かったです。
香魚子先生の表紙絵もとってもステキです。

『リリー骨董店の白雪姫 トワイライト・ルビーの夜明け』 白川紺子

リリー骨董店の白雪姫 トワイライト・ルビーの夜明け (リリー骨董店の白雪姫シリーズ) (コバルト文庫)リリー骨董店の白雪姫 トワイライト・ルビーの夜明け (リリー骨董店の白雪姫シリーズ) (コバルト文庫)
(2013/11/30)
著者:白川紺子
イラスト:宵マチ

amazon

マーチ家の呪いを解くために探していたブルーダイヤモンド「エデン・ブルー」が競売にかけられるという噂を聞き、ニュー・フォレストまでやって来たクレアたち。しかしそこには先回りしていた魔術師ロビンがいて……最終巻。

呪いの宝石をめぐるヴィクトリアン・ラブストーリー最終巻。

もうこの最終巻は…ベアトリスとお兄ちゃんに涙しすぎて…特にベアッ…ベアトリスうああああああん(;_;)
本編だけでもベアトリスに泣かされまくったのに、最後の短編2本…あんなのもう泣くしか!!!
そしてセドリックをなぐさめるリスのオーガストが可愛すぎましたw セドリック、まさかのオーガストEND。
最初は心を閉ざしていたクレアやセドリック、バートやベアトリスが、これから人との触れ合いによってどんどん心を開いていく…そんな明るい未来を予感させる最終巻でとても良かったです。

それにしても両想いになった2人の人目を憚らないいちゃラブっぷりはもう凄かったですね…。
優しくて流されやすいクレアらしくて可愛いですw
宝石やドレスの描写がステキで、食べ物はおいしそうで、宵マチさんのイラストもとてもステキなシリーズでした。
特に宝石のイラストが、本文の描写とまったく同じように再現されていてすごいなぁと思って毎回見ていました。
今回の表紙のエデン・ブルー。ラルフがアンへの想いをこめて発注した、雪の降り積もった葉を模した銀細工に光るブルーダイヤモンドが、もう本当に美しいです。

←2巻感想

『リリー骨董店の白雪姫 海の底のエメラルド・プリンセス』 白川紺子

リリー骨董店の白雪姫 海の底のエメラルド・プリンセス (リリー骨董店の白雪姫シリーズ) (コバルト文庫)リリー骨董店の白雪姫 海の底のエメラルド・プリンセス (コバルト文庫)
(2013/08/31)
著者:白川紺子
イラスト:宵マチ

hontoamazon

ロンドンの宝石商ジェレミーは異母兄バートから「呪いのジュエリー」の処分を依頼される。ジェレミーは「リリー骨董店」の女店主・クレアの元へ宝石を持って行くが……第2巻。

お兄様たち、すごく良いです…。
2人は友達いなそ……いえ、気が合いそうなので、バートはぜひセディの友達になってあげてください。

クレアとジェレミーの恋心や、兄弟の想いなどが丁寧に描かれているし、宝石の挿絵もすごく詳細に描かれていてイメージしやすくて素敵です。
でもクレアLOVEな公爵と魔術師は若干気持ち悪いです(笑)。

4人が協力関係を結ぶシーンは心が震えました。
各々の葛藤が丁寧に描かれながらも、未来への希望を感じるラストで続きが楽しみです。

←1巻感想3巻感想→

『リリー骨董店の白雪姫 ラプンツェル・ダイヤモンドの涙』 白川紺子

リリー骨董店の白雪姫 ラプンツェル・ダイヤモンドの涙 (コバルト文庫)リリー骨董店の白雪姫 ラプンツェル・ダイヤモンドの涙 (コバルト文庫)
(2013/05/01)
著者:白川紺子
イラスト:宵マチ

amazonhonto

ロンドンで骨董店を営む伯爵令嬢クレアは、宝石店<ライト&クーベリック>のオーナー・ジェレミーから、ダイヤモンドの鑑定の依頼を受けた。クレアがダイヤに触れると、ダイヤから「助けて…!」という声が聞こえて…

コバルト新作総選挙の作品から。

ドレスや宝石、ヒロインやイラストの描写が、キラキラふわふわした感じで素敵でした。
ヒロインを甘やかす優しいジェレミーも甘々で素敵ですvv
ヒロインのクレアも、ふわふわな真っ白の子猫みたいで可愛いです。
頭をなでたくなりました(笑)。
この時代の作品に出てくる「魔術師」は怪しいただの人間が多いので、今回も魔術師を夢見る少年なのかな?(失礼)と思いながら読んでいたら、本当に魔法を使い始めて、思ったよりファンタジー要素の強い小説でした。

シスコンの皆さんやマーチ家の皆さんにかかった呪いがどうにもかわいそうなので、呪いを解くまでシリーズを続けて欲しいなと思いました。

2巻感想→
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。