図書ログ

主に少女小説の感想置き場。


カテゴリー: 雪広うたこ の記事一覧
※記事の新しい順に並んでいます。(↑新・古↓)


| |

『宝石商リチャード氏の謎鑑定 天使のアクアマリン』 辻村七子

宝石商リチャード氏の謎鑑定 天使のアクアマリン (集英社オレンジ文庫)
2016/11/18
著作:辻村 七子
イラスト:雪広うたこ
by ヨメレバ

謎の多い宝石商リチャードと、リチャードの宝石店でバイトをする大学生・正義の宝石にまつわる短編集で、密かに今1番楽しみにしているブロマンスのシリーズです。
そろそろ主役2人がブロマンスの域を越えていきそうな気もする第3巻。(越えてほしい)

リチャードの過去を知る男の登場や、谷本さんの婚約などの事件があり、谷本さんとの恋やリチャードとの関係などが動き出しましたが、ワクワクというよりヒヤヒヤ…という感じです。
リチャードは思ったより単純で好意はだだ漏れみたいだし、谷本さんは思ったより難しい思考を持っているみたい。

リチャードの過去がわかったのは嬉しいけど、こんな風に他人から秘密をバラされるような形になってしまって複雑です。゚( ゚´д`゚ )゚。
でもこれは2人の愛のために必要な試練だから……(?)、正義によってリチャードが救われる日がくると信じて続きを待ちます。゚( ゚´д`゚ )゚。
母親の公認も得たことだし、正義には絶対がんばってほしい…TT

でもいくら正義でもどこにいるか分からないリチャードを外国まで追いかけて行くことは出来ないだろうな~と思っていたら、4巻の予告で外国に飛んでいて笑いました。とっても楽しみです。
リチャードの「プリンス」っていうのはどこまでのプリンスなんだろう。師匠も出てくるのか気になります。
とにかくリチャードは早く戻っておいで~~。゚( ゚´д`゚ )゚。

短編集なのに短編の感想が全くないんですけれども、ラストのショックで私はすべてを忘れた……。

『宝石商リチャード氏の謎鑑定』 辻村七子

宝石商リチャード氏の謎鑑定 (集英社オレンジ文庫)
2015/12/17
著者:辻村七子
イラスト:雪広うたこ
by ヨメレバ

【あらすじ】道で酔っ払いにいじめられていたイギリス人リチャードを助けた正義。日本で宝石商を営んでいると言うリチャードに、祖母のかたみの指輪の鑑定を依頼するが……

デビュー作『螺旋時空のラビリンス』で私たちを感動の渦に席巻した辻村先生の2作目は、ややBL風な宝石にまつわるライトミステリーでした。
年末年始にかけて私の中でこのリチャード氏が大ブレイクを起こしていました…。

BL小説ではないのですが、表紙の男2人の関係が思った以上に萌えてニヤニヤしながら読みました。
リチャードの褒め言葉に弱いところとか、ヤキモチ焼きなところが可愛いんですよねぇ。
しかも冒頭で颯爽と自分を助けてくれた正義に恋に落ちてしまったのかと思うと……うっ…可愛い;;;リチャード氏チョロすぎでは;;;;と私の中の腐女子が萌え転がっていました。

正しいか正しくないかだけでは測れない色々な事情を持った依頼人の話がメインで、どれも後味の良い話で面白かったです。
石マニアのゴルゴ谷本さんも良い味だしてました。
しかし正義に恋の相談をされた時のリチャードの反応が毎回かわいそうすぎるので、谷本さんにはいつまでも正義とリチャードの恋を見守って欲しいです。
あ、でも、石マニアの谷本さんとリチャードの会話も見てみたい気もします。

ロイヤルミルクティーと言えば学生の頃、友人のアパートに遊びに行った時に、作中に出てくるような、お鍋で煮込むミルクティーをよく淹れてくれたのを思い出しました。
あのお鍋で煮込むタイプのミルクティーを、ロイヤルミルクティーと言うんですね。やはり友人も紅茶に対するこだわりを語っていたような気がするんですが、すっかり忘れていました。
ロイヤルミルクティー過激派って言い方が可愛いです。
とても好みの小説だったので、続編が読めると良いなぁと思います。