図書ログ

主に少女小説の感想置き場。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ドイツェン宮廷楽団譜 嘘つき婚約コンチェルト』 永瀬さらさ

ドイツェン宮廷楽団譜 嘘つき婚約コンチェルト (角川ビーンズ文庫)
2016/12/01
著者:永瀬 さらさ
イラスト:緒花
by ヨメレバ
【あらすじ】ドイツェン王国宮廷第二楽団のオーディションに合格したミレアは、出生を偽ってでも有名になって探したい人がいる。しかし利害の一致から第一楽団の指揮者アルベルトから嘘の婚約を提案され、受けることになり……

面白かったー!
2016年のお気に入り少女小説です。

幼い頃にバイオリンをくれた少年を探すため、出生を偽って宮廷楽団に入ったバイオリニスト・ミレア。
19世紀あたりのドイツがモチーフのようなドイツェン王国の楽団もの少女小説です。とても良かった~。

出生を偽って宮廷楽団に入ったミレアに対し、残り30ページまで大衆の前でミレアの出生の秘密が暴かれるなど、かなり過酷な展開でハラハラするのですが、展開の厳しさが大きい分ラストの演奏シーンや父親のエピソードにカタルシスがあって泣きながら読みました。特にミレアの父親のくだりはまさかすぎるし、一番泣いたシーンです。

ミレアと超ツンツンなアルベルトにもニヤニヤしました。
「天使様に会ったら絶対に分かるもん!気付くもん!」と本人の前で豪語するミレアが本当に間抜けすぎて…(*^_^*)
でも最後の1文を見るに、結局アルベルトは最後まで自分がミレアの探し人だと明かさなかったんですよね。くうう、そこは明かしてもいい気がする!でも、別人を装って生涯応援を続けるのも良すぎてずるい! お幸せにね…(*ノД`*)
スポンサーサイト

『貴族ヴァルトシュタインの不機嫌な友人 ブラッディ・メヌエット』 加藤千穂美

貴族ヴァルトシュタインの不機嫌な友人 -ブラッディ・メヌエット- (ビーズログ文庫)貴族ヴァルトシュタインの不機嫌な友人 -ブラッディ・メヌエット- (ビーズログ文庫)
(2014/11/15)
著者:加藤千穂美
イラスト:文月路亜

amazonKindle
【あらすじ】ワケあって身分を隠して暮らす貴族・ジークは、とある貴族のサロンで起こった殺人事件の容疑者・ベートーヴェンの保証人として、事件の犯人を捜すことになるが……

18世紀ドイツを舞台に、天才音楽少年ベートーヴェンとわけあり貴族少年ヴァルトシュタインの友情を描く少女小説です。(BLではない)

少年のコンビものが読みたかったので読みました。
18世紀ドイツという舞台は私にとっては新鮮でしたし、設定が面白く、主役2人の友情も可愛いので楽しく読みました。使用人の告白はちょっと泣きました。
有名な音楽家・ベートーヴェンご本人として描かれているフィクションですが、読んでいたらすんなり愛着がわきました。かわいい。。。
黒の騎士やその依頼人とのあれこれが気になるので、無事にシリーズが続くといいなぁ。
ネタバレ反転:とりあえずルイが黒の騎士じゃなくて良かったー。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。