図書ログ

主に少女小説の感想置き場。

『雪侯爵の銀灯師 みせかけ夫婦と王宮の庭』 白川紺子

雪侯爵の銀灯師 みせかけ夫婦と王宮の庭 (コバルト文庫)
2016/09/30
著者:白川紺子
イラスト:紫真衣
by ヨメレバ
【あらすじ】銀灯師として幼い頃よりヴィクトル侯爵に仕えるエミーリア。ある日、国王の命令で結婚をしなければならなくなったヴィクトルは、エミーリアを妻に指名し、結婚をしたふりをすることになるが、エミーリアにはヴィクトルと結婚できない理由があり……

シリーズ2巻なんですが、話が繋がっていないということと、評判がとても良かったので1巻よりも先に2巻を読んでしまいました。

幼い頃から仕えるヴィクトル侯爵と、偽装を結婚をすることになった銀灯師のエミーリアだったが、結婚報告に訪れた王宮で力が暴走し、事件を起こしてしまう。王宮の庭を壊してしまい、魔界の門を開けてしまったエミーリアとヴィクトルが、門を護っていた魔術師の魂を探すことになり……というストーリーです。

ヴィクトルのことが好きなのに結婚できない理由のあるエミーリアと、理由を知っているけれど一緒にいるために知らないふりをしているヴィクトルの両片想いがじれったくてとても良かったです。
何より、エミーリアが迷いを断ち切るシーンの、諦める痛みと、飲み込んで自分のしたいようにする痛みと、周囲や良心から謗られる痛みについてのモノローグにとても共感しました。
月光を紡ぐ描写もキレイでお気に入り。

ラストに短編2本が収録されていて、その2本もとても良かったです。
本編でアロイスの魂はどうなるんだろうと思っていたので、「おやすみわたしの魔術師さん」には泣きました。

国王とリラも身分差を越えてサラッと結婚していたけど、この2人にもじれったいストーリーがあるのかも。。リラがなかなか強そうな感じで好きです。

『王女が秘される童話 南瓜の王女の研究録』 長尾彩子

王女が秘される童話 南瓜の王女の研究録 (コバルト文庫)
2016/11/01
著者:長尾彩子
イラスト:宵マチ
by ヨメレバ

【あらすじ】忌み子として生まれた王女ユリアーナは、王都から離れたカレンデュラの森とミルヒ村の領主として暮らしていた。ある日父王の申し付けにより、婚約者兼監視者として特別異端審問官のクラウスがやってくるが……

長尾先生のメルヒェンシリーズ2巻。
1巻と舞台や魔女狩りといった概念は同じですが、前作より200年くらい前のお話なので単体でも読めます。
1巻のヒーローもヤンデレ+敬語キャラでとても好みだったけど、お話は2巻の方が好きかな。
薬学系ヒロインと子犬聖職者かわいすぎて、子犬ヒーロー読んでて恥ずかしくて…!
クラウスのずれた熱心さ、嫌いじゃないですw
そして、長尾さんの薬学系ヒロインは、いつも描写が細かくて、カッコよくて大好きです。

双子として生まれた「忌み子」である王女ユリアーナのもとへ、年下の特別異端審問官であるクラウスが、監視役兼婚約者としてやってくるというお話です。
寝ずの番や入浴シーンなど、監視の仕方がかなり強引なので、「このクラウスは命の恩人と王女様が同一人物だと気付いていて婚約を受けたのでは…?」という気持ちで読みすすめるのですが、読者の淡い期待は裏切られ、クラウスはユリアーナを忌み子として熱心に監視しているだけなのでありました……苦笑。

背丈が同じくらいの子犬系ヒーローとても可愛いなと思いました。(✿´ ꒳ ` )
両想いになる前の、子どもVS子どもみたいな関係も、両想いになってからのちょとこじらせた熱心な愛情(もはや淫魔)もとても可愛かったです。

『チョコレート・ダンディ 可愛い恋人にはご用心』 我鳥彩子

チョコレート・ダンディ 〜可愛い恋人にはご用心〜 (コバルト文庫)
2016/01/29
著者:我鳥彩子
イラスト:カスカベアキラ
by ヨメレバ

【あらすじ】女性不信のオスカーは、出版社の友人ユーディにけしかけられ、小説家を目指す孤児院の少女アデルを作家になれるまで援助する賭けをすることになり……

可愛かった~!短編3本立てなので、問題はあっさりと恋愛が可愛い感じの1冊でした。
カスカベ先生の挿絵が本当にステキです。

眉目秀麗で女王様のお気に入りの貴族・オスカーは、お金目当てで寄ってくる女性たちにうんざりし、女性不信気味。
出版社の友人ユーディが、そんなオスカーに、小説家になりたい孤児院の少女アデルを援助し、贅沢を手にした彼女が自堕落になるかどうか賭けをしようともちかけるストーリー。

はじめは女性不信のためにかなり口が悪いオスカーも、ストーリーの三分の一を過ぎる前にあさっり陥落し、恋する可愛いヒーローに。教師口調になるところが特に可愛くて好きです。嫉妬深いところも可愛い^^

本当は主役カップルの方が身分差があるはずなのに、亡命までして結ばれた友人カップルのユーディとリンディアの恋の障害が激しすぎるwと思いましたが、ハッピーエンドで良かったし楽しかったです。
お兄さんもかなり好きだし、マースがお兄さんで本当に良かった。

『後宮詞華伝 笑わぬ花嫁の筆は謎を語りき』 はるおかりの

後宮詞華伝 笑わぬ花嫁の筆は謎を語りき (コバルト文庫)
2015/10/30
著者:はるおか りの
イラスト:由利子

by ヨメレバ

【あらすじ】妹の方を娶るつもりが、外国から帰ってきたら姉の淑葉と結婚させれていた。にこりとも笑わず、悪い噂の多い淑葉に、夕遼は離縁を申し出るが、求婚のきっかけとなった書を書いたのが、実は淑葉だったと気付き……

由利子先生の美しい、でもいつもと雰囲気の違う表紙に惹かれて購入しました。
中の挿絵も美しくて眼福でした。黒髪キレイだ~。

家族に虐げられたせいで表情を失くしてしまった妻の淑葉(しゅくよう)と、留守の間に家族に勝手に結婚させられていた夫の夕遼(せきりょう)のラブストーリーです。
最初は誤解、すれ違いの連続でハラハラしましたが、誤解が解けていき、夫婦がラブラブになっていくのがとても良かったです。
そして最後の方は愛が暴走しすぎてて笑った。

書を愛する夫婦のデートの仕方や夜の過ごし方がとても可愛かったです。
でも夫婦2人が清い交際をしているわりに、きわどいシーンやセリフが多かったようなw
後宮と書にまつわる事件は新鮮で面白かったですが、嵐快(らんかい)皇帝はもう人を愛することが出来ないのかぁと思うと悲しいラストでした。

『偽姫 乙女の選択と下剋上な猟犬たち』 藍川竜樹

偽姫 乙女の選択と下剋上な猟犬たち (コバルト文庫)
2015/07/31
著者:藍川竜樹
イラスト:アオイ冬子
by ヨメレバ

【あらすじ】リリアの代わりに炎の最高位の守護獣グリュンドルの主となってしまったティナは、たくさんの男たちから求婚される毎日を送っていた。騒ぎを落ち着かせるため、公爵から仮の許婚を決めるように言われるが……第2巻。

小動物系ヒロインのモブハーレム小説2巻。
今回もモブたちから求婚されまくっていました。

イドリスやセドリックなども前巻で私の中ではモブの扱いだったのか、最初の方はレギオン教官とモリィ以外の登場人物をなかなか思い出せなくて…。
読んでいてセドリックもナサル王子もとても怪しかったのですが、結果的にセドリックの家族への想いは本物でジーンときましたし、ナサル王子は真性のポジティブな人だった。

それよりも怖いのがモリィ&サイラスでした。
今回の事件もだいたいモリィ&サイラスのせいだったんですけど、ここまでブレなくて信用できない味方がいるのは新鮮でちょっと面白いです。でもこんな味方は嫌すぎるw
ただモリィの「息抜きって大事だしぃ。明日も頑張ろうって元気もらえるから。」というセリフは大好きです。
サイラスがラストで唐突に歓喜にふるえだしたシーンで私も震えました。サイラス大丈夫?

もっとゆっくり進むと思っていたので、最後に共に戦う相手として許婚になったレギオンとティナに、うわああああ(歓喜)ってなりました。こういう展開大好きです。仮プロポーズのシーンが良かった。
お兄ちゃんも、むしろティナとくっついちゃいけない系の人だったっぽいので、お兄ちゃんに遠慮せずいちゃいちゃして欲しいですね。

←1巻の感想/-

『棘公爵の花嫁 賭けをしましょう、旦那様』 白川紺子

棘公爵の花嫁 賭けをしましょう、旦那様 (コバルト文庫 し 17-8)
2015/07/01
著者:白川紺子
イラスト:香魚子
by ヨメレバ

【あらすじ】父が罠にはまり、没落した貴族の娘・ジゼル。いよいよ屋敷を出る時にバートラムが現れ、「ジゼルの父と賭けをした際の約束を果たす」と言って、ジゼルを妻として迎えに来て……

10歳年上のクーデレな夫がとても良かった…。

タイトルの「賭けをしましょう」にあるように、妻のジゼルが夫のバートラムに何度か賭けを持ち掛けます。その時のジゼルの打算的なしたたかが、私はムムム…ちょっと…と思いながら読んだのですが、バートラムがそんな子供だましで自分を騙そうとする妻のことを、子供っぽいなと思いつつ、大人の余裕で寛容する所が年の差カップルっぽくて良かったです。私は大人気ないな(笑)。
前半の2人の攻防も可愛らしくてニヤニヤしましたが、後半の両想いになってからの2人がとても甘くてさらにニヤニヤしました。
バートラム様、後半には別人のようですが、そこが良い^~~。

両想いになってからの残りのページ数が少なすぎて、復興成功するか不安でしたが、無事に復興も叶って良かったです。
香魚子先生の表紙絵もとってもステキです。

『黒猫と伯爵令息 お菓子の家のおかしな事件簿』 長尾彩子

黒猫と伯爵令息 お菓子の家のおかしな事件簿 (コバルト文庫)
2015/10/01
著者:長尾 彩子
イラスト:加々見絵里
by ヨメレバ

【あらすじ】魔力を失い、人間の食べ物を食べなければならなくなった魔族の伯爵令息アランのもとへ、料理人として招かれたエリーゼは、人間の食べ物なんて食べられないと言うアランのためにお菓子を作るが……

可愛くて甘~いお話でした。
長尾先生&加々見先生コンビの『うさぎ姫の薬箱』シリーズが大好きだったので、この『黒猫と伯爵令息』も発売前から楽しみにしていました。

もともとは雑誌用に書かれた短編小説だったので、恋愛の展開が早すぎることと、軽すぎるノリが苦手な人はいるかもしれませんが、≪お菓子裁判≫や≪魔女の苺狩り≫などの軽いノリは可愛くて私は好きです。
ただ、この作品のツンデレの描写は何かがおかしいw
(アランのツンは本当に一瞬でしたね)
最初はあんなに意地を張っていたのに、はじめてお菓子を食べるシーンがあまりにも軽すぎて、お菓子を食べてくれたという感動や余韻がまったく無くて……?(*^_^*)
そんな主役2人の初恋がとても可愛くて癒されました。ニヤニヤしました。
サンタクロースの結末と、人形の恋の結末は、ちょっと泣いてしまいました。

『僕の第六天魔王』 金沢有倖

僕の第六天魔王 (コバルト文庫)
2015/05/01
著者:金沢 有倖
イラスト:松本テマリ
by ヨメレバ

【あらすじ】普通の男子高生・蘭は、修学旅行中に突然織田信長が守護霊として現れた。蘭と信長は、前世で親密な関係だったというが…

なんとなく男性コンビものの、ホモっぽい小説を読みたい気分だったので、あらすじ買いです。(そういう気分の時もあります)
戦国時代の人物が幽霊になっていたり、転生していたりするストーリーで、表紙の織田信長の霊のイケメンに男子高校生がつきまとわれる話。
蘭の正体はちょっと無理やりだったかな~と思います。
もしくは思わせぶりなホモの小姓の話を挟まずに、最初から正体を言ってくれた方が萌えたかも。
自分が周囲からホモに見えると微塵も思わずに、信長が熱烈に求愛する設定だけでもかなりおいしいです(^p^)モグモグ それに信長に熱烈に愛されて困惑する蘭がかわいいので、早く根負けして欲しいですね。

以下ネタバレありの感想です。

前世が女だった主人公の蘭は、今後委員長と信長に言い寄られることになると思うんですけど、最終的に現世で女性の委員長じゃなくて男性の信長を選ぶ運命になるんだと思うと、この三角関係はかなり美味しいです(^p^)モグモグ
でも観念して信長とラブラブ(?)になる蘭はちょっと見てみたい気がします。

『蝶よ毒よ 邪悪な獣の正しい飼い方』 山本瑤

蝶よ毒よ 邪悪な獣の正しい飼い方 (コバルト文庫)
(2015/6/2)
著者:山本瑤
イラスト:雲屋ゆきお

amazon


【あらすじ】魔女の末裔として幽閉されていたルブラン国の皇女エミリは、姉姫の誕生日会で大掛かりな嫌がらせをし、国を追い出されてしまう。連れられて行ったドライデン国で、獰猛な氷狼公ラファエルの花嫁候補して暮らすことになるが……

面白かったー! とても好きな小説です。おすすめ。
イラストも雰囲気に合っていて素敵だし、この表紙が好き過ぎます。冒頭のエミリのイタズラが本当に酷くて(笑)ワクワクしました!(∩*´ω`*∩)

好戦的だけど優しい2人のやりとりが面白くて、そしてキュンとしました!
エミリのイタズラはわりと本当に酷いんですけど、そこも新鮮で面白かったです。
それにエミリとラファエルの戦闘シーンには毎回、甘~~いオチがついていてゴロゴロしました。
最後に女王様がエミリに優しい言葉をくれるシーンでは私まで泣きそうになったし、ヘラがローランドに鳥で別れを告げるシーンも良かったです。

あと求婚シーンまで見れて良かった! 山本先生の書く求婚シーン毎回好きです。
しかし求婚シーンで感極まっているマーロウはお前は結局どっちなのかとw

エリザベスは、私もエミリと一緒にカッサンドラ叔母さんだったら良いなぁと思っていたんですが、違いましたね。
エリザベスの正体を知った後で、蜂蜜の塗られたラファエルをエリザベスが舐め回していたシーンを思い出すと笑えます。
<太陽の乙女>のこととかも気になるので、続きがとても読みたいです。

『占い師ティアリス・セーブル 誰が王子を殺したの?』 小野上明夜

誰が王子を殺したの? 占い師ティアリス・セーブル (コバルト文庫)誰が王子を殺したの? 占い師ティアリス・セーブル (コバルト文庫)
(2015/04/01)
著者:小野上明夜
イラスト:宵マチ

amazon


【あらすじ】占い師・ティアリスは占いの才能が無く、女装の占い師・アンドレアの家に居候させてもらいながら細々と占いを営んでいた。そんなティアリスに突然王妃から王子殺しの犯人を占うよう依頼が来て……

占いの才能の無い占い師が、王子殺しの犯人を探す探偵小説(?)です。
宵マチさんの美しいイラストと、病んでる登場人物がとても好みの小説でした!
だんだん登場人物の秘密が明かされていく構成も面白かった。
ただ、見ているこっちまで気まずくなるようなシーンがものすごく多い(笑)。

美形で紳士的でカタコトで病んでるヒーロー・クランツが新鮮でお気に入りです。
舞台や登場人物がドイツっぽいところも好き。
主人公のティアリスはちょっとおかたいな~という印象。かわいそうなくらい自分に自信が無くて病んでいるティアリスが、クランツとオルテンシアによってこれから救われていくのでしょうか。楽しみです。
そしてオカマの最強保護者がここにも…笑。

登場人物全員が病んでいるので、お互いに対する侮蔑や差別意識が見え隠れしてしまうのが、読んでいてあまり気持ちの良い部分じゃなかったです(気まずいw)。
でもその描写も含めて、この病んでる登場人物たちが、だんだん仲良くなって幸せな結末を迎えると思うとワクワクするので、続刊が出るなら楽しみです。

『偽姫 血族の花嫁と捕食者たち』 藍川竜樹

偽姫 血族の花嫁と捕食者たち (コバルト文庫)偽姫 血族の花嫁と捕食者たち (コバルト文庫)
(2015/04/01)
著者:藍川竜樹
イラスト:アオイ冬子

amazon

【あらすじ】ケリー家の侍女・ティナは、主であるリリアの身代わりに最強の守護獣グリュンドルを身体に宿してしまう。リリアとして<天空城>で生活をすることになったティナだが、身体に宿った守護獣のせいでたくさんの男たちから求婚されるはめになり……

侍女気質のウサギ系ヒロインとツンデレ鬼教官のファンタジー小説。
逆ハーレムものなんですけど、大勢のモブから求婚されまくるモブハーレム(?)小説でした。

これは良い鬼教官ものでした。ブラコンも全面に出てるけど、かなりデレてもいる。
これは自分から「兄の嫁に!」と言い出しておいて、後々自分の首をしめるパターンですね。^^
んー…お兄さんには本物のリリア様で良いんじゃないですかね…(てきとう)
事件の黒幕や舞台、キャラの設定がとても面白かったので、続くといいなぁと思います。
ウォレス子爵とエヴァレット男爵の友情に萌えるのわかる。

モリィ、サイラスの2人も油断できなくていい味出してました。
憎めないような、わりと憎めるような…笑。
やさしくてカッコいいケリー婦人とリリア様が大好きです。女傑かっこいい。
リリア様は早く目覚めてほしいです。
それでレギオンに嫉妬させたい!笑

2巻の感想→

『妖精国の恋人 恋せよレディ!もふもふの城は大騒ぎ』 山本瑤

恋せよレディ! もふもふの城は大騒ぎ 妖精国の恋人 (コバルト文庫)恋せよレディ! もふもふの城は大騒ぎ 妖精国の恋人 (コバルト文庫)
(2014/06/03)
著者:山本瑤
イラスト:起家一子

amazon

【あらすじ】エリスの恋人を見定めに王国からグロスター公爵がやってくるという。エリスやジェラルドはケイトリンをレディとして教育しようとするが……第3巻。

毎回言っていますが、起家先生のイラストが本当に可愛くてステキです。尊い…。
自分自身が最大の敵…というのが山本先生の恋愛小説の特徴なのかな、登場人物がよく自分と戦っている気がするw
このシリーズも自分自身と向き合って、受け入れる、自分自身を受け入れてくれる人がいる、ということが温かく描かれています。

私は孤独な老人ネタにとても弱いので、グロスター公爵の過去やそこから救われるシーン、オーク夫人の言葉に泣きながら読みました。
ケイトリンに対するエリスの言葉もとても優しくて泣いてしまいます。

リャナンシーの力が解放されて、皆がケイトリンにメロメロになるシーンはちょっと笑ってしまいました。なんだあのシーンは……。おそるべきリャナンシー。
魔王との関係が微妙なような感じですが、来月には新シリーズが出るようなのでここで終わりなのでしょうか。(一応魔王とは毎回決着が着いているような感じですが)
奔放なケイトリンや黒ウサギの王子様、起家先生のイラストがステキなお気に入りのシリーズでした。

←2巻感想/-

『ハーフ・クラウン 1~3巻』 御永真幸

ハーフ・クラウン 秘め公爵といばらの輪舞氷の王女と緋色の約束 ハーフ・クラウン (コバルト文庫)眠り姫とガラスの靴の夢 ハーフ・クラウン (コバルト文庫)著者:御永真幸
イラスト:雲屋ゆきお

amazon

男として育てられた次期国王候補のシエラ公爵ユーフェミアは、国王の崩御に伴い国王になることを望まれていた。しかし病弱だと言われていたもう1人の国王候補クロヴナー公爵ヴィンセントが現れる。ユフィがずっと探していた初恋の娘だったと気付いたヴィンセントは……

男装の公爵と病弱だった公爵の夫婦小説。
とても面白くて1~3巻一気に読みました。
↑上の書影の部分、レイアウトがかなり無理やりなんですが、3冊とも表紙がステキでどうしても並べたかったので!(^o^;)

2人が夫婦となるまでが1巻、2・3巻はゲストキャラのラブコメ(?)が書かれています。
夫婦となるまでの2人の恋愛もすごく可愛くて面白かったです。
熱烈なヴィンセントの告白に転がりました。
仲良しの2人もかわいいし、何より2人とも麗しくかっこいい~。3巻の表紙なんてもう美しすぎます。

ゲストカップルも面白くて。
でも結局ガウェインもオリヴィエも報われていないような…!?
男キャラがひたすら不憫なシリーズでしたが、とても楽しかったです。
特にオリヴィエは顔に似合わぬ不憫さで、最後にボロボロになって現れたシーンなんかは涙なしには見れません。ちょっとナターシャもシャロンも2人と結婚してあげてくださいよ~と思いながら読みました。涙。

コバルトの公式ブログで「完結」と書かれていますが、とてもお気に入りの夫婦なので続いて欲しいなと思います。面白かったー。

『妖精国の恋人 黒ウサギの王子様とお茶会を』 山本瑤

妖精国の恋人 黒ウサギの王子様とお茶会を (妖精国の恋人シリーズ) (コバルト文庫)妖精国の恋人 黒ウサギの王子様とお茶会を (コバルト文庫)
(2014/03/01)
著者:山本瑤
イラスト:起家一子

amazon

【あらすじ】黒ウサギに変わってしまった婚約者のエリス王子を元に戻すため、ケイトリンは妖精王や妖精を招いたお茶会を企画するが……第2巻。

後編です。1巻がとても好みだったので、とても楽しみにしていました!
まず起家さんの素晴らしい表紙が。これだけで私にとってはお値段以上の価値があります。ステキ~。

今回はウサギになってしまった王子様を元に戻すために、ヒロインが領民や妖精をもてなすお話です。
1巻は2人の描写がメインだっただけに、2巻は妖精王や妖精とのやりとりがメインで、しかも2人の気持ちがすれ違ってて寂しかったです。
せっかくカッコ良い王子様なのに、ウサギ姿でまったりとふてくされている姿に、「ヒロインがこんなに頑張っているのに、このウサギ王子め…!」と思いつつ読みました。

でもすごく大好きなお話でした。
まっすぐなケイトリンと、めんどくさがりだけどケイトリンには甘いエリス王子にニヤニヤしました。ふくろうのクローディアスやロレーヌおばあさんにも色々設定がありそうだし、もっと読みたいです。(ロレーヌさん大好きです)
コバルトの短編もステキでした!

←1巻感想3巻感想→

『リリー骨董店の白雪姫 トワイライト・ルビーの夜明け』 白川紺子

リリー骨董店の白雪姫 トワイライト・ルビーの夜明け (リリー骨董店の白雪姫シリーズ) (コバルト文庫)リリー骨董店の白雪姫 トワイライト・ルビーの夜明け (リリー骨董店の白雪姫シリーズ) (コバルト文庫)
(2013/11/30)
著者:白川紺子
イラスト:宵マチ

amazon

マーチ家の呪いを解くために探していたブルーダイヤモンド「エデン・ブルー」が競売にかけられるという噂を聞き、ニュー・フォレストまでやって来たクレアたち。しかしそこには先回りしていた魔術師ロビンがいて……最終巻。

呪いの宝石をめぐるヴィクトリアン・ラブストーリー最終巻。

もうこの最終巻は…ベアトリスとお兄ちゃんに涙しすぎて…特にベアッ…ベアトリスうああああああん(;_;)
本編だけでもベアトリスに泣かされまくったのに、最後の短編2本…あんなのもう泣くしか!!!
そしてセドリックをなぐさめるリスのオーガストが可愛すぎましたw セドリック、まさかのオーガストEND。
最初は心を閉ざしていたクレアやセドリック、バートやベアトリスが、これから人との触れ合いによってどんどん心を開いていく…そんな明るい未来を予感させる最終巻でとても良かったです。

それにしても両想いになった2人の人目を憚らないいちゃラブっぷりはもう凄かったですね…。
優しくて流されやすいクレアらしくて可愛いですw
宝石やドレスの描写がステキで、食べ物はおいしそうで、宵マチさんのイラストもとてもステキなシリーズでした。
特に宝石のイラストが、本文の描写とまったく同じように再現されていてすごいなぁと思って毎回見ていました。
今回の表紙のエデン・ブルー。ラルフがアンへの想いをこめて発注した、雪の降り積もった葉を模した銀細工に光るブルーダイヤモンドが、もう本当に美しいです。

←2巻感想