図書ログ

主に少女小説の感想置き場。

『嘘つきアーニャの真っ赤な真実』 米原万里

嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)
2004/06/25
著者:米原万里
by ヨメレバ

【あらすじ】共産主義派の父親の仕事の関係で、9~14歳までをチェコのソビエト学校で過ごしたマリ。ロシア語通訳として活躍する30年後、当時の同級生を探して東欧に向かうが……エッセイ小説。

まだソ連を盟主に東側国家が社会主義だった頃の1960年代、共産主義派の父親の仕事の関係で、9~14歳までをチェコのソビエト学校で過ごした筆者マリさんのエッセイ。日本へ帰り、ロシア語通訳として活躍していた30年後、当時の同級生を探して東欧に向かうエッセイ集です。テレビの企画だったのかな。
香穂さんの年間ベストから手に取ってみました。

この中欧・東欧諸国というのが馴染みが薄く、私にはちょっと難しかったです。地図やwikiを見ながら読みました。でも馴染みが無いから新鮮で面白かった~。
西洋より東側にある、チェコやルーマニア、ユーゴスラビアなど、冷戦時代はロシアと共に社会主義の東側陣営と呼ばれていた諸国が舞台です。作中で美男の産地と言われていたユーゴスラビア国は現在にはもう無いみたい。

日本でいうところの小学校高学年~中学2年生までを、父親の仕事でチェコにあるソビエト学校に通っていた筆者・マリ。
当時は英語と同じくらい、第2外国語としてロシア語を習う所も多かったようです。
大人になってソ連が崩壊し、当時ソビエト学校時代に仲の良かった同級生のことが気にかかり、チェコ周辺まで会いに行くというストーリーです。
30年後の再会シーンを見ると、面白く書かれていた小学校は超エリート学校で、同級生は実は要人の娘だったりしたことが分かります。英語も喋れない私には……登場人物の頭が良すぎてとてもまぶしい……。みんな3か国語以上喋ってる……。

ヤースナやリッツァの潔さが好きだけど、アーニャや、アーニャに同志と呼ばれて怒る大人たちを見ていると、何故、社会主義が縮小していったのかが何となく分かる気がして印象的でした。
それとは別に、例えば休日に宿題は出さない、だとか、才能はみんなの宝であり妬み引きずりおろすものでないことなど、日本の価値観とは違って魅力的なところもたくさんあって面白かったです。
個人的には、「牛乳の生産で追いつけ追い越そうな」の軽快なフレーズが頭から離れなくなって困りましたw

『警視庁公安0課 カミカゼ』 矢月秀作

警視庁公安0課 カミカゼ (双葉文庫)
2015/11/12
著者:矢月秀作

by ヨメレバ

【あらすじ】潜入スパイ捜査を行う警視庁の秘密機関・公安0課は、現在パグという市民団体を調査していた。しかし調査に当たっていた友岡・藪野共に連絡が取れなくなり、代わりに交番勤務の瀧川を調査にあたらせようとするが……

武装化した市民団体VS警察のアクション小説です。
ページ半分までは主人公・瀧川が、普通の交番勤務から公安部へ引き抜かれる部分が書かれ、残り半分が市民団体へのスパイ小説という構成でした。
このページ半分まで続いた公安への引き抜きシーンが、もう「腹立つ~~~!!」と怒りながら読みましたが、最後は派手で気持ちのいい終わり方で面白かったです。皆さん言っていますが、主人公がとても不死身だった。

スリのおじさんを潜入させたあたりは、「えっ…正気かな??」と思ったり、白瀬が瀧川を助けるために「辞めます!」って啖呵を切った後、普通に捕まってたあたりは笑ってしまいました。

藪野もカッコ良かったけど、個人的には瀧川さんが好きです。

『夏子の冒険』 三島由紀夫

夏子の冒険 (角川文庫)
2009/03/25
著者:三島由紀夫

by ヨメレバ

【あらすじ】世の中の男がつまらなく、北海道の修道院に入ることに決めた夏子は、修道院に向かう道中、仇の熊を追いかける青年・井田毅に心を奪われ、彼の仇討ちに強引について行くが……

仇を討つためにとある熊を追いかける青年・井田と、好奇心で強引に井田について行くヒロイン・夏子の冒険小説。
仇を討つために熊を追いかける青年、という設定がすでに面白かったのですが、夏子を追いかける家族や新聞記者たちの珍道中が面白くて好きです。
設定は好みなのに何か足りないな~と思ったら、2人旅の胸キュンなシーンが足りなかった……。

2人旅の途中で恋の胸キュンなシーンがあるわけではないので、道中は中だるみを感じましたが、いよいよ熊が村を襲って来たラストシーンは怖くてワクワクしました。

最初の「仇を討つために熊を追っている」という井田の設定に私もワクワクしたので、最後の夏子の落胆がちょっとだけ分かりますw
熊以外眼中に無かった頃の井田の方が、カッコよくて私も好みだったな。

『烏に単は似合わない』 阿部智里

烏に単は似合わない (文春文庫)
2014/06/10
阿部 智里

by ヨメレバ

【あらすじ】急きょ病になった姉の代わりに登殿することになった「あせび」は、若宮の4人の花嫁候補と桜花宮で暮らすことになったが……

浜木綿が主役の少女小説ください!!

若宮様の花嫁候補4人が暮らす桜花宮(後宮のようなもの)でのミステリー小説です。
人間が鳥になったりとか世界観がかなり練られていて面白いです。基本的には女同士の戦いがメインです。

病にかかった姉の代わりに花嫁候補としてして登殿することになった、世間知らずの少女・あせび、男勝りな浜木綿(はまゆう)、高飛車な真赭(ますほ)、陰湿な美少女・白珠(しらたま)の4人の少女たちが若宮をめぐってバトルを繰り広げるけれど、当の若宮が式典などにもまったく姿を見せず……というストーリー。

以下ネタバレありの感想です。(反転もしくはクリックで表示)
普段は私もネタバレ全然気にしないのですけど、ネタバレ読まない方が楽しめるのではないかな~と思う作品です。

これ浜木綿が主役なら胸キュンな少女小説になるのになぁ(´・ω・`)と思いながら読了しました。
いえ、別に作者さんが胸キュンな少女小説を書きたいわけでも、読者さんが胸キュンな少女小説を読みたいわけではないのは分かるんですがw これ確かに少女小説読みは特にだまされますね! 大どんでん返しありの予想のつかないミステリーでした。
白珠やあせびの狂気の描写が怖かったです。
これ浜木綿が主役なら、かなりスカッとした後味だっただろうと思うとすごい。

特にずっとあせびを応援しながら読んでいたので、後味つらかったです。
後味、というか、若宮の辛らつな言葉がつらかったのかな。
なのでラストの若宮の浜木綿への告白シーンも、「え……出来レース……何……」と嫉妬してしまい、ちょっとモヤモヤ^^;
突然従順な女房になってしまった真赭も「えっそれで良いの?」とは思いましたが、ふっきれた真赭や、白珠と一巳にも救いがあって良かったです。特に白珠と一巳はエピソードも切なくて、本当に良かったです。


個人的には、浜木綿が主役の快活劇だったら好みだったのですが、たぶん「松本清張賞」という趣旨からずれてしまうのでw、ラストはちょっとモヤモヤしましたが、少女小説も別視点だとこうなるのかな~と思って楽しく読めました。

『マザコン刑事の事件簿』 赤川次郎

マザコン刑事の事件簿: 〈新装版〉 (徳間文庫)
2014/07/04
著者:赤川次郎
イラスト:煙楽
by ヨメレバ

【あらすじ】婦人警官・弓江の新しい上司の大谷警部は、若く顔がよく仕事も出来るが、毎日お昼にママと一緒にお弁当を食べるようなマザコン男で……。

タイトル買いしたので、主人公の大谷警部が2話目で早々にマザコンを卒業して恋人が出来てしまって残念でした。

内容は、あっさりとしつつも意外性のある短編で面白かったです。
事件とは関係なく怪しいことをしていたり、嘘をつく人がいるのが妙にリアルで面白い。
そうですよね、犯人じゃない人がいつも正直に物を言うとは限らないですよねw

話では新婦がいつもいなくなってしまう男の話「独りぼっちのお披露宴」が好きです。
惚れたフリをして近づいた弥生が本当に惚れてしまったり、養母が本気で惚れてしまったあたりに、井村の本当に優しい人柄と運の無さが現れていて好きです。

お母さんが邪魔をするだけじゃなくて、事件を解決したり犯人と戦うシーンもあっておおっとなりました。
でも大谷が毎回肝心なシーンでドジを踏むので、「イケメンで切れ者、だけどマザコン」っていう設定をもっと生かして、大谷のカッコよく、かつマザコンな所が見たかったな。(笑)

『火花』 又吉直樹

火花
2015/03/11
著者:又吉直樹

by ヨメレバ

【あらすじ】新人お笑い芸人の徳永は、熱海の夏祭りの会場で漫才の仕事に行った際、神谷の漫才を聞き衝撃を受ける。徳永はその日の夜、勢いで神谷の弟子にしてもらうが……

お笑い芸人の又吉直樹さんの、芥川賞を獲った話題の本です。
主人公の徳永と、憧れの芸人・神谷との関係に萌えの予感を感じて購入しましたが、結果的には号泣しながら読みました(;_;)
登場人物の「新人お笑い芸人」という設定から、すでに破滅へのカウントダウンをビンビンに感じますが、夢の終わりに向かってストーリーが進んでいく様子は、涙無しには読めませんでした。

そして「駄目な竜宮城」が分かりすぎて辛すぎる\(^o^)/
(この道を進んで良いかも分からず、その世界の努力の仕方で走り続け、終わった時にはたくさんの思い出と共に、自分の年齢だけが進んでいる…。主人公が新人お笑い芸人の世界を振り返って、「駄目な竜宮城だったのかもしれないけど」って例えるところがとても上手いなぁと思うし好きです。)

ラストで主人公の憧れだった神谷が、とんでもない破滅を迎えます。
借金の形にそうなってしまったのか、自分で「もうこれしかない」と思ってそうしてしまったのかは分かりませんが、すごい事になっています。
普段の自分ならHOMO…とか思ってニッコリしてしまうところですが、こうすれば笑いが取れると思った神谷の気持ちも、真摯に説教する徳永の気持ちも痛いほどに分かるので、もう涙が止まりませんでした(;_;)
道を踏み外しても、「それでもその人生を生きていくしかない」というのがリアルで、最後のピョンピョン飛び跳ねる神谷に少し救われます。
(道を踏み外すというのは、芸人を目指すことではなくて、返せない借金をしてまで遊びに行ったりとかそういうことです)

『退出ゲーム』 初野晴

退出ゲーム (角川文庫)
2010/07/24
著者:初野晴
イラスト:山中ヒコ
by ヨメレバ

【あらすじ】清水南高校の弱小の吹奏楽部員・千夏と春太は、恋する顧問の草壁先生のために、吹奏楽の甲子園「晋門館」を目指して部員集めに奔走するが……

主役2人が同性愛を含む三角関係を繰り広げているというウワサを聞いて購入。
主役のハルタ(男)とチカ(女)が、顧問の草壁先生(男)に恋をしている、吹奏楽部の日常系ミステリー短編集です。
今のところ演奏よりも部員集めがメイン。

絶望した人たちが再生していく描写が良かったです。
ラスト「エレファンツ・ブレス」の謎解きが高度すぎて難しすぎる~~と思いましたが、おじいさんの最後に救いがあって良かったです。(別にそれ以外の謎も一切とけていないんだけどw)
話の中では「クロスキューブ」と「退出ゲーム」が好きです。面白かった。

まだ1巻では草壁先生の魅力が良くわからないこともあり、幼馴染のハルタとチカでくっついて欲しいな~って思っちゃいます。

『マリアビートル』 伊坂幸太郎

マリアビートル (角川文庫)
(2013/9/25)
伊坂幸太郎

amazonKindle版


【あらすじ】息子を屋上から突き落とした少年に復讐するため、新幹線に乗り込んだ木村。しかし、逆に少年に拘束されてしまう。同じ新幹線の中では、トランクをめぐる殺人事件が起こっており……

『グラスホッパー』の続編にあたる小説ということで、前作グラスホッパーがとても面白かったので、続けて読みました。
面白かったー!

グラスホッパーよりもこちらの方がコメディとエンタメが強い気がして、登場人物に愛着がわきました。
蜜柑と檸檬のやりとりも面白いし、蜜柑の話す本も私の好きな本ばかりでときめきました。檸檬のトーマス君の話が面白かったです。
王子と木村のやりとりにグギギとなりつつも、七尾くんの不幸な展開にえええっとなったり。
最後に王子と木村のどちらが勝つのか気になって、一気に読みました。

以下ネタバレの感想です。

大好きな果物コンビが倒されてしまってとても悲しかったですが、(特に蜜柑の死は、たまたま通りかかった七尾に意味も無くやられた過ぎて;;;悲しみ;;;)最後に木村が報われて本当に良かったです!

新幹線の個室トイレに死体がグルグル積まれていく描写は、想像してしまってちょっとウッとなりました。
そんな風に詰め込まれてしまった檸檬と蜜柑が本当に切なくて…;;;
七尾と鈴木の後日談、良かったです。真莉亜は一体何者なんでしょうかw

『グラスホッパー』 伊坂幸太郎

グラスホッパー (角川文庫)
(2007/6/23)
伊坂幸太郎

amazonKindle


【あらすじ】ひき殺された妻の復讐をするべく殺し屋組織<令嬢>に入社した鈴木。しかし目の前で<押し屋>という男に妻の仇の寺原が殺され、鈴木は<押し屋>を追いかけるが……

3人の殺し屋の視点が入り乱れる殺し屋小説。
前情報なしで読んだので、ストーリーや結末が気になって一気に読みました。(今秋の映画化は知りませんでした^^;)

殺し屋が殺したり、殺しあったりする小説なのですが、殺し屋たちが全員可愛くて(令嬢を除くw)、みんな死なないで~~と思いながら読みました。
蝉も鯨もかわいそうで、可愛くて…(;_;)
鯨の「人は誰でも死にたがっている」という言葉が印象的でした。
私の場合は死にたいというより「永遠に布団から起きたくない」というのが正しいんですけど(笑)。

少し不思議なラストでしたが、最悪の結末を想像しながら読んだので、ホッとしました。
何より<押し屋>さんがすごくカッコいい♡
途中押し屋ファミリーの恐怖がすごくて、ラスボスは絶対に押し屋ファミリーだと思っていたのですが、最後まで和やかに終わって良かったです。

この『グラスホッパー』には『マリアビートル』という続編があるらしく、グラスホッパーで生き残った登場人物が出てくるということで、さっそく買って来ました。今、休み時間に少しずつ読んでいます。こちらの登場人もみんな魅力的で、ハラハラしながら読んでいます^^

『砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない A Lollypop or A Bullet』 桜庭一樹

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない A Lollypop or A Bullet (角川文庫)
(2009/2/25)
桜庭一樹

amazon

【あらすじ】13歳の山田なぎさのクラスに、「海野藻屑」という変わった名前の美しい転校生がやって来た。なぎさは嘘つきで痣だらけの藻屑に気に入られてしまうが……

世界観が印象的でとても好きな本です。読み終わって10日くらいはこの本の世界から抜け出せませんでした。余韻と中毒性のある本だなぁと思います。
悲しく救いの無いストーリーなのですが、なぎさと藻屑の友情や、友彦となぎさの家族愛、実弾と砂糖菓子の弾丸など、やりとりやエピソードがすごく好きで、いまだに思い出してはうるうるしてしまいます。

花名島と藻屑のうさぎ事件の時の戦闘シーンが印象的です。
うさぎの犯人はやっぱり藻屑なのかなぁ。あの事件の時に、謎の階段をのぼって大人になってしまった花名島が、ちょっとカッコよく思えてしまいました。

漫画版もキンドルに入っていたのですぐに買って読んだのですが、コミカライズもすごく良かったです。
特に友彦の顔がすごく好きで、もう友彦にはこの顔しかないとすら思えます。

『美智子皇后ともしびの旅路』 渡辺みどり

美智子皇后 ともしびの旅路美智子皇后 ともしびの旅路
(1991/11)
渡辺 みどり

amazon


祖母の家に手伝いに行った時に時間つぶしに読んだ本。
祖母の家はスマホの電波が圏外な上に、本棚に皇室関連の本しか無かったのであった…。

平成天皇の奥様・美智子様について美智子様が詠まれた歌やエピソードが書かれた本です。
日本の天皇家ではじめて民間からの恋愛結婚をされた美智子様。
脚色はあるかもしれないけど、明仁様と美智子様のエピソードや歌がどれもステキで、祖母のようにたくさんの女の子たちが美智子様に憧れ、美智子様のことが大好きな理由が分かる気がします。
昭和天皇の代まで天皇家の子育ては乳母がしていて、皇太子は家庭というものを知らずに育ったため、「自分の家族・家庭というものを作りたい」というお2人の想いがとても温かく、歌やエピソードに所々泣いてしまいました。
和歌の解説もわかりやすくて良かったです。
婚礼の前日に交わした歌と、病床の先生をお見舞いした時の歌が感動的でした。

こんな機会が無ければなかなか手に取らないジャンルの本でしたが、読んで良かったなぁと祖母に感謝。

『女王はかえらない』 降田天

女王はかえらない (「このミス」大賞シリーズ)女王はかえらない (「このミス」大賞シリーズ)
(2015/01/09)
降田 天

商品詳細を見る


【あらすじ】ぼくのクラス4年1組には「マキ」を頂点とするスクールカーストがあった。しかし都会から来た美少女の転校生「エリカ」をきっかけに、クラスを二分する女王争いが起こり……

メグには少女のままでいてほしかった!!(主張)

ルルル文庫で活躍されていた鮎川はぎの先生の別名義でのミステリー小説。作者さん買いです。

第1章は面白くて続きが気になって一気に読みました。
マキとエリカがくるくる玉座の転落と奪取を繰り返すのが面白かったです。
1章途中からのマキへのいじめはかなり可哀想で、どうなっちゃうのかなーと思いながら読みました。まさかこの転落のきっかけの犯人が彼女だったとは……。
2章のラストで肩透かしをくらいつつ、3章の出だしにポカーンとしつつラストへ。

以下ネタバレ感想。

学校歌を歌いながら決起するシーンはかなりゾクッとしました。
かなり酷いいじめを受けても毅然としていたマキに、途中からちょっと感情移入してしまっていたんですけど、やっぱり人をいじめ抜いた過去は消えませんし、何よりいじめられた方は忘れられませんものね。

個人的には、てっきり「ぼく」が「メグ」へ少女らしい百合心を抱いていると思って読んでいて、さらにメグはマキに少女らしい百合心を抱いていると思っていたので、ラストでその幻想を壊されてしまい残念でした笑。
感想の最初に言いましたが、メグには少女のままでいて欲しかった…という感想で感想を終わります。

『流星ワゴン』 重松清

流星ワゴン (講談社文庫)流星ワゴン (講談社文庫)
(2005/02/15)
重松 清

amazonKindle版


【あらすじ】勤めていた会社をリストラされ、妻には離婚を切り出され、息子は受験に失敗して引きこもり……。そんな人生に疲れて漠然と死を考えていたカズの前に、一台のワゴンが止まった。5年前に死んだという橋本さん親子に連れられ、カズは父親のチュウさんと共に過去を旅することになるが……

私はこういう話にとても弱いです(号泣)。
小説に限らず現実世界でも結婚している人たちを見ていつも思うのですが、親という人間はどうしてこんなにも無償の大きな愛を持てるのだろうと思います。

最初に若いチュウさんが出てきたところで、「これは大きな愛を持った不器用な父親だな」と確信して、読みながらずっと泣きっぱなしでした。
またこの感想を書きながらチュウさんを思い出して泣けてきました。
読んでいる私たちには登場するお父さんの愛情が痛いほど伝わってくるのですが、不器用すぎて登場する子供たちにはなかなか伝わらなくて……でも気が短い父親に萎縮しちゃう子供の気持ちもわかるので歯痒かったです。

妻の美代子がどう考えてもただの痴女なので、未来が変わるかどうかはどっちでも良かったんですけど、(だってあれカズの挙動関係ないよねぇ) ひとつだけ、最後にカズには現実のチュウさんに会いに行ってあげて欲しかったなぁ。
連れションで解決する男の世界観は女には分かりませんので笑。
それから、カズがワゴンを降りた後のチュウさんと橋本さん親子の旅も見てみたかったですね。

『名探偵に薔薇を』 城平京

名探偵に薔薇を (創元推理文庫)名探偵に薔薇を (創元推理文庫)
(1998/07)
城平 京

amazonKindle版

【あらすじ】大学院生の三橋はある日知らない男性から「小人地獄を知っているか」と訪ねられる。その後日から三橋の周りで「メルヘン小人地獄」という怪文章に見立てられた連続殺人が始まり……

香穂さんのブログで見かけて、著者の城平さんが昔好きだった『スパイラル~推理の絆~』という漫画の原作者さんだったので購入してみました。
架空の毒薬「小人地獄」をめぐる2部構成の推理小説です。
1部はグロさ重視の見立て殺人事件。怪しい男が家にあがってきて、追い詰められた家族が「どうしようー!」という所で主人公が唐突に知り合いの名探偵・瀬川みゆきを呼んであっさり解決。
かなり怖い思いをしながら読んでいたので、瀬川さんがあっさり解決してくれてホッとしました笑。
この名探偵の救世主感とカッコ良さが第2部のラストに繋がるわけですので、上手い展開だなあと読み終わった今なら思います。あっさりしているだけじゃなかった。

第2部は藤田家で再び「小人地獄」にまつわる殺人事件が起こり、ニュースを見た瀬川さんが再び家族を助けに行くストーリー。
なぜか味方のはずの藤田家の家族が瀬川みゆきに何度も嘘をつく……そして少女の本当の騎士とは……というストーリーで、「何でみんな瀬川さんに嘘つくのー酷いよ><」と思っていたら……ラストはやられました!
少女の淡い百合心は良いものですね……。

個人的には三橋がロリコン……じゃなかった、三橋が鈴花を好きだというあたりは演技であって欲しいです。私は瀬川と三橋のロマンスをちょっと期待して読んでいたので。
瀬川&三橋コンビで、瀬川さんが救われるまでシリーズ化してほしいですねえ。

『マスカレード・イブ』 東野圭吾

マスカレード・イブ (集英社文庫)マスカレード・イブ (集英社文庫)
(2014/08/21)
東野 圭吾

商品詳細を見る

ホテルマン山岸と新人刑事新田の2人が出会う前の短編集。

やっぱり新田さんと山岸さんはお似合いだと思いました。(感想)

本屋に積んであって『マスカレードホテル』の続編いつのまに出ていたの!?と思ったら、文庫での新刊とのこと。マスカレードホテルが好きだったので嬉しいです。
ただ2人が出会う前の短編集なので、作中で2人が一言も会話しません。涙。
でもやっぱり山岸さんと新田さんはお似合いだな~と思いながら読みました。
なんか2人とも頭が良すぎて別次元に住んでいる感じなんですよね…。

後味の悪いような話の多い中で、最後にオタクたちも報われて良かった「仮面と覆面」が一番好きです。東野さんはたぶん、「利用されていても最後まで女に尽くす男」を書くのが好きなんだろうなと思います。(^^;