図書ログ

主に少女小説の感想置き場。

『シンデレラ伯爵家の靴箱館 恋する乙女は雨を待つ』 仲村つばき

シンデレラ伯爵家の靴箱館 恋する乙女は雨を待つ (ビーズログ文庫)
2014/05/15
著者:仲村つばき
イラスト:あき
by ヨメレバ

【あらすじ】エデルの母の形見の赤い靴は独りでに動き出す靴だった。エデルはオカルトな靴を集めているというシンデレラ伯爵家のアランを訪ねるが……第1巻。

少女小説読み界隈でアラン様が大人気なので、これは読まなければ…と思っていた本です。
いえ発売日頃に買ったはずなのですが、なぜか長い間カバーだけになっていて……、ようやく実家から本の中身が見つかったので読みました。
面白かったー!

母の死の真相が分かるかもしれないと、母の形見の靴を持って、ヒロインのエデルがシンデレラ伯爵家の靴箱館を訪ねる所からはじまるストーリーです。
独りでに動き出す赤い靴、上客様の令嬢カーレンの恋、靴職人として働くことになったエデル、盗まれた赤い靴……など、わくわくするエピソードを絡めて丁寧にストーリーが進んでいき、読みやすかったし、面白かったです。
ストーリーの最初の方で犯人が分かる構成で、それが逆にハラハラしながら読みました。
エデルやアランの心理描写も丁寧に描かれていて、心境の変化がよく分かる所が良かったです。

今後物語が進んでいくと、父親も登場したりして巻き込まれて行くのでしょうか。
とりあえずアランが妹ルディアから受け取った本が、今後大活躍することだけは知っていますw 面白かったので続きも近いうちに読みたい~。