図書ログ

主に少女小説の感想置き場。

『霊応ゲーム』 パトリック・レドモンド

霊応ゲーム (ハヤカワ文庫NV)
2015/05/08
著者:パトリック・レドモンド
訳:広瀬順弘
by ヨメレバ

【あらすじ】真面目で気の弱い主人公のジョナサンは、寮生や教師からいじめられていた。ある日、教師にいじめられている所を助けてくれた、クラスの一匹狼のリチャードと友人になるが、次第にリチャードはジョナサンに執着し、彼の周りの人間を排除するようになり……

クレイジーサイコ・ブロマンス……。

面白かったー!徹夜で読みました。
1954年・戦後のイギリス、パブリックスクールに通う男子生徒の友情を描いたサイコホラー小説で、イギリス、パブリックスクール、行き過ぎた友情、執着などの要素に惹かれて購入しました。

ジャンルはホラー小説らしく、交霊術などの要素もあります。
読んでる最中は2人の友情が強烈で、交霊術は添え物くらいにしか思えないんですが、ぞっとする悲しいラストを迎えます。

真面目で気の弱い、いじめられっ子の主人公のジョナサンが、教師にいじめられている所を助けてくれたクラスの一匹狼のリチャードに強くあこがれ、友だちになります。
一匹狼だったリチャードが、だんだんジョナサンに執着するようになり、彼をいじめていた人や彼と親しい友人たちを排除していく、というストーリー。

だんだん心を寄せていく、寄宿学校らしい2人の耽美な友情にうっとりしながら読んでいましたが、だんだん一匹狼だったリチャードの独占欲と友情が怪しい方向に……。
<霊応ゲーム>の時に肩を抱いたシーンや、リチャードの実家で2人で寝ていたシーンは幸福でドキドキしたのに。
ニコラスの嫉妬や、距離が近付いていく2人の関係にゴロゴロ転がりながら読みました。

真相は、3人が<霊応ゲーム>で呼び出してしまった「霊的な何か」が存在して、転落死や火事やラストの死を招いたということでしょうか。
もう1回読めば、もっと文章の端々に「何か」の存在を読み取れるのかなあ。(全然気付かなかった顔)
ニコラスにも降霊していたようだから、最後にリチャードを殺したのはニコラスの想いだったのかも。

ジョナサンがあんなに憧れて、なついて、リチャードも力尽くでジョナサンを守ろうとしていたのに、最後にジョナサンがリチャードは全然憧れるような人間じゃなかったと言ってしまうのが悲しすぎて……しばらくは読み返せないかなぁと思います。
たぶん、心の底から失望されるシーンがわりと苦手な気がする…。ラストで信用を回復するなら大丈夫なんですけど。

う。そりゃあリチャードは独占欲が強くて、性格も悪くて、モラハラのサイコホモだったけど、本文中でジョナサンのリチャードへの憧れが終わった今でもリチャードがカッコよく思えるのは、やっぱり他人の評価を気にせず堂々として、友人がいじめられていたら颯爽と助けられるような部分への憧れがあるからなのかなぁと思います。

来世では善良なホモに生まれ変わって幸せになろうね……。