図書ログ

主に少女小説の感想置き場。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『李歐』 高村薫

李歐 (講談社文庫)
1999/02/08
著者:高村薫

by ヨメレバ

【あらすじ】大学生の吉田一彰は、15年前に母と逃亡した趙文礼という男が現れたというナイトクラブでアルバイトをしていた。趙文礼の暗殺計画に巻き込まれた一彰は、美しい殺し屋の李歐と出会う……

15年前に母と逃亡した趙文礼という男の暗殺計画に巻き込まれた主人公・一彰が、美しい殺し屋・李歐と出会う所からはじまるブロマンス小説。
面白かった~。音楽のように登場する中国語のセリフが美しい~。
でも后光寿(ホウクアンショウ)とか廖(リャン)とか、出てくる度に読み方を忘れてしまうので、中国語の部分に全部ルビを振って欲しかったけどw(;=∀=)

旋盤工場「守山製作所」での30年を舞台に、守山製作所の転落や再起、守山耕三と一彰の絆、結婚などが描かれていくのですが、子どもの頃に皆に可愛がってもらった記憶や、守山さんの幸せそうな最期が印象的だったので、終盤で守山製作所をたたむ決意をする一彰が悲しくて。(完全に負の遺産でしたけども…!)
警察を欺き、ヤクザも欺き、15年もひたすら李歐との約束を待ち続ける主人公は、ちょっと共感し難い部分もありましたが、一彰にとっては李歐が約束を覚えているかなんてどっちでも良くて、ただただその約束が生きる理由だったのかなとも思います。
出会いがしらに李歐が一彰に口紅を塗るシーンや、一彰が李歐に「心臓が妊娠したみたいだ…!」と言うシーンがとても強烈です。好き~~!。゚( ゚´д`゚ )゚。

ラストシーンが本当に良いです。
一彰との約束を守り、笹倉の棺を引きながら櫻花屯(インファントン)に帰ってくる李歐と、2千人の葬列と5千本の桜が美しすぎて。笹倉の最期には涙が。
30年という長いストーリーでしたが、紆余曲折の末に幸せな未来を感じるラストで本当に良かったです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。