図書ログ

主に少女小説の感想置き場。

『パブリックスクール』 樋口美沙緒

 

【あらすじ】エドワードと礼は英国パブリックスクール・リントン学園に通う戸籍上の兄弟。礼はエドワードから、学園では誰とも話さず1人で居るように命令されていたが、ある日礼のスケッチを見たオーランドから、演劇の授業で舞台の背景画を頼まれて……

パブリックスクール物が読みたい気分だった時に「パブリックスクール」で検索して購入した本です。これはすごく良い歪んだ兄弟もののBLでした。表紙も美しい~。

英国のパブリックスクール・リントン学園に入学した日本人の礼が、戸籍上の兄・エドワードから、学園では誰とも話さず1人で居るように命令されている……という、歪んだ兄弟愛のストーリー。

この説明の時点で兄のエドが弟の礼をめちゃくちゃ愛しているのが読者には伝わってくるのですが、礼はエドから嫌われていると思っています。「でも自分にはエドだけ居ればいいし、愛してる……」という、献身と両片想いと独占欲がたまらない設定でした。
実際はこの説明よりもっと冷酷な感じの展開です。(周囲よりもエドがひどい。)

私は相手だけが居ればいいというような共依存が大好物なので、1巻~2巻前半あたりまでがとても好きです。
箱庭からの成長がテーマの作品らしく、最後の方はあまりにも礼の精神が強くなってしまって!
最初の頃の「エドだけが居れば良かった頃のいじらしい礼」が恋しくなってしまいました。
いやでもハッピーエンドで良かったです。

個人的には、エドも1巻のラストの頃の鬼畜な勢いのまま最後まで攻めてほしかったです。1巻のラストの食堂のシーンが好きすぎるので。
2巻の最後なんて、エドが弱気になりすぎていて……!
1巻の頃のエドと礼はどこへ行ってしまったの~。(成長しました)
性格が変わったといえば、良い意味で性格が変わった後半のギルが大好きです。

残念だったのは、電子書籍版には本文の挿絵が収録されていなかったことです。挿絵、美しいだろうなあ。ギルやジョナスはどんなに美人なんだろう。