図書ログ

主に少女小説の感想置き場。

『千早あやかし派遣會社 仏の顔も三度まで』 長尾彩子

千早あやかし派遣會社 仏の顔も三度まで (オレンジ文庫)
2018/01/19
著者:長尾 彩子
イラスト:加々見絵里
by ヨメレバ

甘かった~~~~~~~~~ヾ(:3ノシヾ)ノシ

妖怪のための派遣会社の社長・千早紫季とアルバイトの女子大生・新藤由莉のあやかしお仕事小説、第3巻。
3巻、狂おしいほど楽しみにしていました。出て良かった。
売れない小説家の櫻居の家に力を失った元座敷童が家政婦として派遣される「座敷女と売れない小説家」。呪いの物品をゆるく謎とく「怪異と三人衆」シリーズ。妖怪の失踪事件と由莉のお見合いをめぐる「雨師妾(うししょう)と心ない経営者」の3本立て。

2巻のラストで千早社長の出生の秘密が分かり、由莉がそれを受け入れ、2人の恋がはじまったかもしれない……というところから3巻ははじまります。
はじめは無自覚にお互いを気にかける千早社長と由莉ですが、豆大福のファインプレーでお互いへの恋を自覚し、現在は両片想いという状態。
やー、ちょっとわけわかんないくらい甘かったです。自覚ありの両片想い最高です。

冷徹な男だったはずの千早社長は、中学生のような無自覚な恋を経て、いまや小学生の男の子のような様子です。(本文では子犬とすら言われていて……w)
千早社長の恋の、中身は小学生のような独占欲と愛情なのに、行動には大人の色気や圧倒的財力、鍵をかける不思議な力などがあってとてもずるい笑。そしてそんな千早の行動にドキドキする由莉がすごく可愛いです。千早の独占欲や愛情を拒絶せず、受け入れて嬉しそうにしたりする由莉がすごく可愛い。

ゲスト妖怪は完全にスパイスだったけど、小説家の話も喫茶店の話も、風刺が効いたテーマで面白かったです。
由莉のお見合い相手の晴人と妖怪の玉水の「突然打ち切られた小説や漫画の最終回の悪役」並みにあっさりした結末には笑いました。ゲスト妖怪たちが簡単にくっついてゆく中、ひたすらもだもだしている主役2人の対比が際立ちます……。

恋を自覚した主役2人の暴走と豆大福のボケの暴走が本当におかしくて楽しいので、次巻も読めると良いなあ。読んだ直後から次巻が読みたい。

←2巻の感想[千早あやかし]シリーズ感想一覧