図書ログ

主に少女小説の感想置き場。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『霊応ゲーム』 パトリック・レドモンド

霊応ゲーム (ハヤカワ文庫NV)
2015/05/08
著者:パトリック・レドモンド
訳:広瀬順弘
by ヨメレバ

【あらすじ】真面目で気の弱い主人公のジョナサンは、寮生や教師からいじめられていた。ある日、教師にいじめられている所を助けてくれた、クラスの一匹狼のリチャードと友人になるが、次第にリチャードはジョナサンに執着し、彼の周りの人間を排除するようになり……

クレイジーサイコ・ブロマンス……。

面白かったー!徹夜で読みました。
1954年・戦後のイギリス、パブリックスクールに通う男子生徒の友情を描いたサイコホラー小説で、イギリス、パブリックスクール、行き過ぎた友情、執着などの要素に惹かれて購入しました。

ジャンルはホラー小説らしく、交霊術などの要素もあります。
読んでる最中は2人の友情が強烈で、交霊術は添え物くらいにしか思えないんですが、ぞっとする悲しいラストを迎えます。

真面目で気の弱い、いじめられっ子の主人公のジョナサンが、教師にいじめられている所を助けてくれたクラスの一匹狼のリチャードに強くあこがれ、友だちになります。
一匹狼だったリチャードが、だんだんジョナサンに執着するようになり、彼をいじめていた人や彼と親しい友人たちを排除していく、というストーリー。

だんだん心を寄せていく、寄宿学校らしい2人の耽美な友情にうっとりしながら読んでいましたが、だんだん一匹狼だったリチャードの独占欲と友情が怪しい方向に……。
<霊応ゲーム>の時に肩を抱いたシーンや、リチャードの実家で2人で寝ていたシーンは幸福でドキドキしたのに。
ニコラスの嫉妬や、距離が近付いていく2人の関係にゴロゴロ転がりながら読みました。

真相は、3人が<霊応ゲーム>で呼び出してしまった「霊的な何か」が存在して、転落死や火事やラストの死を招いたということでしょうか。
もう1回読めば、もっと文章の端々に「何か」の存在を読み取れるのかなあ。(全然気付かなかった顔)
ニコラスにも降霊していたようだから、最後にリチャードを殺したのはニコラスの想いだったのかも。

ジョナサンがあんなに憧れて、なついて、リチャードも力尽くでジョナサンを守ろうとしていたのに、最後にジョナサンがリチャードは全然憧れるような人間じゃなかったと言ってしまうのが悲しすぎて……しばらくは読み返せないかなぁと思います。
たぶん、心の底から失望されるシーンがわりと苦手な気がする…。ラストで信用を回復するなら大丈夫なんですけど。

う。そりゃあリチャードは独占欲が強くて、性格も悪くて、モラハラのサイコホモだったけど、本文中でジョナサンのリチャードへの憧れが終わった今でもリチャードがカッコよく思えるのは、やっぱり他人の評価を気にせず堂々として、友人がいじめられていたら颯爽と助けられるような部分への憧れがあるからなのかなぁと思います。

来世では善良なホモに生まれ変わって幸せになろうね……。

『警視庁公安0課 カミカゼ』 矢月秀作

警視庁公安0課 カミカゼ (双葉文庫)
2015/11/12
著者:矢月秀作

by ヨメレバ

【あらすじ】潜入スパイ捜査を行う警視庁の秘密機関・公安0課は、現在パグという市民団体を調査していた。しかし調査に当たっていた友岡・藪野共に連絡が取れなくなり、代わりに交番勤務の瀧川を調査にあたらせようとするが……

武装化した市民団体VS警察のアクション小説です。
ページ半分までは主人公・瀧川が、普通の交番勤務から公安部へ引き抜かれる部分が書かれ、残り半分が市民団体へのスパイ小説という構成でした。
このページ半分まで続いた公安への引き抜きシーンが、もう「腹立つ~~~!!」と怒りながら読みましたが、最後は派手で気持ちのいい終わり方で面白かったです。皆さん言っていますが、主人公がとても不死身だった。

スリのおじさんを潜入させたあたりは、「えっ…正気かな??」と思ったり、白瀬が瀧川を助けるために「辞めます!」って啖呵を切った後、普通に捕まってたあたりは笑ってしまいました。

藪野もカッコ良かったけど、個人的には瀧川さんが好きです。

『オーダーは探偵に 謎解きだらけのテーマパーク』 近江泉美

オーダーは探偵に 謎解きだらけのテーマパーク (メディアワークス文庫)
2016/04/23
著者:近江泉美
イラスト:おかざきおか
by ヨメレバ

【あらすじ】犯行予告があって混乱しているテーマパーク・ドリームキングダムの事件を解決して欲しいと翠子から頼まれた悠貴と美久。翠子のために、美久は1日デート券を使って、悠貴に一緒にドリームキングダムに行ってもらうことにするが……第7巻。

高校生探偵と女子大生の喫茶店ミステリー7巻。
楽しみにしているシリーズです。面白かったー。
今回の舞台はテーマパーク。
悠貴、デートに向いてないw

犯行予告の真犯人は意外な人物、そして純愛な顛末でビックリしました。というか私はいまだに翠子と聖を全然信用していないので、翠子の自演だと思って読んでいたわホホホ……(^^;
碧子も聖も楽しいキャラなので、つい信用しそうになるのですが、私の中ではまだ、映画だと良い奴になるジャイアンみたいなイメージなので……(?):;(∩´﹏`∩);:
信用できなさとは別に、聖は魅力的で好きなキャラクターなので、今後、悠貴と聖の過去がほどけていくのを楽しみにしています。
最後に悠貴に一歩踏み込んだ、美久の決意がとても良かった~。次巻も楽しみ。

←6巻の感想[オーダーは探偵に]感想一覧/-

『金物屋夜見坂少年の怪しい副業 -神隠し-』  紙上ユキ

金物屋夜見坂少年の怪しい副業 -神隠し- (集英社オレンジ文庫)
2016/05/20
著者:紙上ユキ
イラスト:宵マチ
by ヨメレバ

金物屋・夜見坂少年の2巻です。怪しい副業は「まじない屋」です。

日本によく似た王政の帝国の明正時代、というオリジナルの時代設定ですが、"開治の改新"から70年後の、現実の大正時代を感じさせるほんのり怪奇小説で面白いです。

1巻で出て来た医学生・千尋と組んで、消えた花嫁の行方を捜す「神隠し」と、戦死した兄を呼び出そうとする母と止めようとする弟の「反魂香」の中編2本立て。

1話目は、キャラ小説っぽい作りで、千尋さんに懐く夜見坂少年や、夜見坂少年の戸籍上の息子が出てきたり、彼の少年らしい可愛いところがたくさん書かれていて楽しかった!

2話目は、武家に生まれた兄弟の、戦死した兄からのメッセージを中心に、国の為に命を捨てるのが当たり前だと思っていた弟・葉月に、母と兄が選択肢を投げかけるというお話。こちらには千尋さんは出てこず。
この話では弟の選択の結果は出てこないのですが、兄の穏やかな性格や、3人目の依頼者の登場によって、不思議な読後感のお話になっていて好きです。

個人的には、弟の葉月くんは、この話の後、そのまま武官学校へ進むのではないかと思います。
学校で先生や周りの生徒の話を聞きながら、兄や母、行者の円山の言葉がいつも頭から離れないのでしょう。
それで、最終的には生きてお母さんの元へ帰って来れると良いなあと思います。

『女装王子の初恋』 (ソーニャ文庫) 桜井さくや

女装王子の初恋 (ソーニャ文庫)
2016/11/02
著者:桜井さくや
イラスト:アオイ冬子
by ヨメレバ

【あらすじ】貧乏貴族の令嬢コリスに、王宮から離れて暮らす王女アリシアのお世話係になってほしいという手紙が来る。冷酷なアリシアの性格に戸惑うコリスだったが、ある日アリシアの秘密を知ってしまい……

ソーニャ文庫の女装王子!タイトル買いです。
わけあって王宮を追われ、王女として暮らしている第一王子アリシアが、お世話係としてやって来たヒロインのコリスに男として恋をしてしまう、というストーリー。
ティーンズラブの性質上、女装王子のアリシアが序盤から男全開でちょっと残念w
甘さあり、切なさあり、ヤンデレ監禁要素ありで面白かったです。
お母さんとブレスレットのエピソードが泣けます…。
挿絵も、ドレスを着ているのに、ゴツゴツした男らしい手がとても好み。

最後はさわやかなハッピーエンドで良かった~!
セドリックさんがお気に入りだったので、3人で暮らすという結末がとてもお気に入りです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。